リン・ストーンのレビュー一覧

  • ハーレクイン 漫画家セレクション vol.23
  • 冷たい花婿

    長編でした。

    面白かったです。少し疲れましたが。

    余命が無いと信じるヒロイン
    そんなヒロインにメロメロなヒーロー

    殺人と襲撃。危ない目にあっても楽しむ箱入娘のヒロイン。探偵で元刑事のヒーローはどんなにカッコよく立ち回るのかと期待しましたが、そんな事は無く残念。
    ヒーローもヒロインも良い人で、信じや...続きを読む
  • 悩める男爵夫人 1巻

    中々面白かった

    原作が電子化されていません。
    面白かったのでぜひ原作も読みたい。
  • 悩める男爵夫人 2巻

    結構面白かった。

    原作は未読ですが、面白かった。
    絵もGOODでした。
  • 聖なる夜に
    アン・グレイイシー「雪のプロローグ」、ミランダ・ジャレット「サファイアの魔法」、リン・ストーン「クリスマスは伯爵と」の3本がおさめられています。
    「雪のプロローグ」はヒロインの娘エイミーの愛らしさが際立っています。記憶喪失ものになりますが、最後がばたばたしているものの安定した読み応え。
    「サファイア...続きを読む
  • 悩める男爵夫人
    女性の権利を主張するイングランド人ヒロインと、スコットランド人の男爵ヒーロー。
    貧乏で石工として働くヒーローでもある。
    二人はヒロインの父親によって半ば強引に結婚することに。
    最初はヒロインのヒーローへのイメージがよくなくて、「胸を叩いて喜ぶゴリラのようだ」って表現するのには笑ってしまった。
    結婚に...続きを読む
  • 貴公子と壁の花
    顔に傷跡を負い婚約者に逃げられたヒーローと、暴力はないものの一緒に住む叔父に虐げられているヒロインが契約?結婚をすることに。
    とはいえプライドまでは失っていないヒロイン、ヒーローはそんなところに惹かれていく。
    いとこの事をずっと疑って読んでいたので、いつ正体を現すんだ…ってある意味ハラハラドキドキし...続きを読む
  • ハーレクイン 漫画家セレクション vol.166
  • 貴公子と壁の花
    3.5
    ケインとグレイス
    ふたりとも結構短気。グレイスはなかなか有能。
    まわりの人が怪しく思える時期もあるけど結局最初から怪しい人が犯人です。
    そのへんの謎解きはグダグダであっさりしてるので割り切るしかない。
  • 冷たい花婿
    3.5
    余命わずかと勘違いする話。
    途中の舞台が19世紀末のモンマルトル。
    ショーンは冷たいというよりかなり激しい方だと思うが。
    奥さんのこと信じてやれよ…!

    不名誉な噂で出てきたリンディがショーンの元上司として出てきてちょっと嬉しい。
    年取ってもいい人である。
  • 殺意の残り香 王家の恋 IX
     ⑨
     悪役デズモンドの異父妹ニーナとモンテベロの捜査官ライアン・マクドノウ。デズモンド殺害の犯人はつかまるのか?あれ?そういえばニーナはなぜ殺されかかったのだろう?また確認せねば。
  • 盗まれた口づけ
    亡き伯爵の息子ニックがインドから帰ってきた。エミリーの弟ジョシュアはニックを探しにインドまで行ったのだが、ニックと共に帰ってきたはずなのに、まだエミリーの元に帰ってこない。伯爵の屋敷に閉じこめられているのだと思いこんだエミリーは、屋敷を門前払いされた事も気にせずに、勝手知ったる屋敷とばかりに昔通った...続きを読む