妹尾ゆふ子のレビュー一覧

  • 翼の帰る処 (上)

    10巻読了、もう一度読みます

    10巻一気読みしたので、物語の世界へ、しばらく行ってくることが出来ました。
    活字を読み慣れた方には、お勧めです。
    一見地味に見えますが、壮大なファンタジーです。
  • 翼の帰る処 番外編 (2) ―ことば使いと笑わない小鬼―
    この作者さんの文章は、水のようにすらすらと読め、言葉が脳のフィルターに引っかかることなく、直接映像が脳内に描かれる感覚で楽しめる。毎回楽しみにしている。
    「ことば使いと笑わない小鬼」
    ファルバーンの視点でのお話。やりたいこととか、目標とか目的とか、そもそも自分自身を見失ったような、かといって悲観的に...続きを読む
  • 翼の帰る処 番外編 (2) ―ことば使いと笑わない小鬼―
    本編の主人公であるヤエトといいこの本で中心であったファルバーンといい、わりと感情の起伏がない人が中心部に据えられていると、周囲の感情の動きが眩しく感じられて、個人的には感情の起伏が少ない方に引き摺られがちだと気付かされた一冊。それぞれの感情の動きと、そこに絡む周りの人達の交流が心地良かった。
    あと若...続きを読む
  • 翼の帰る処 番外編 (2) ―ことば使いと笑わない小鬼―
    番外編第二弾。
    今回、ファルバーンの短編、キーナンの学舎生活、そして本編終了後のヤエト先生の短編。どれも楽しく読ませていただきました。
    ファルバーンがヤエト先生に微妙に似てることも新たな発見でしたが、伝達官が、確かにルーギンっぽい(表紙もあのエセ爽やか笑顔が・・・失礼)。皆さん皇女に振り回されて大変...続きを読む
  • 翼の帰る処 5 ―蒼穹の果てへ― 上
    ああこんなところでまた待たされるのか。待ちますとも。

    まったく芽の無いスーリヤの、出番がますます減って悲しい。人がたくさんいるとね、どうしてもね。
  • 翼の帰る処 (上)
    新装版で再読。
    名前を呼ばれて楽しげに答える皇女が可愛い。
    最初の頃からヤエトと皇女のやりとりが軽快で面白いな~。
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 下
    預言者ウィナエに導かれ、ヤエトはジェイサルドらと共に「世界の罅」を塞ぐ手掛かりを得るため、砂漠の深部・シンリールへと赴く。

    ウィナエさん…!!
    未来視する、という力は結構色んな物語で見ますが、その力に対してここまで深く考えさせられたことはなかったです。都合がいいだけじゃない。
    自分が視た未来が現実...続きを読む
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
    ついに念願叶って憧れの隠居生活を許されたヤエト。
    しかし、静かに暮らすどころか、皇妹と「魔界の蓋」のある場所へ旅立つことになり…。

    今回は! ついに! 皇女と…!!!
    後継者のキーナンくんに尊敬されたり、皇妹と一緒に旅に出ることになったり、突然襲ってきた皇女を逆に骨抜きにしたり…隠居を許された今回...続きを読む
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
    ついにこういった場面を見られるようになるとは。テンションあがっちゃった!皇女がとても可愛い、どんな勢いでヤエトに向かっていったんだ。(笑)
    ヤエトの心の声「知るか、ボケ」が連発していて面白かった~。
    さてこのまま下巻を読まなくては
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 下
    やっと続きが!しかも次が最終だと!?
    動乱まっしぐらなこの帝国の、どこまでを読めるのだろうかな…。

    当初は戦記物かと思っていたら、ファンタジー色が随分濃くなりました。が、相変わらず駆け引きが面白い。この主人公ゆえに寝ている間によく話が進んでしまいますが…。
    神や魔物との距離が一気に縮まったこの巻。...続きを読む
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
    ご隠居にやられた~!!!
    まさかヤエトさんにあんな能力があったとは!!!
    にやにやが止まらないじゃないか!!!
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
    まさかの展開あり! ヤエトめ…

    そしてこんな引きなんかひど過ぎる。下巻いつ出るんだよ。待つけどいくらでも!
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
    やっと4巻。ただし上巻のみ。隠居願望の虚弱な青年官僚の(意に反した)出世譚も、やっとここまで来ました。しかも今回は皇帝直々の「隠居を許す」宣言です。帯にもデカデカと……。
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
    ヤエト先生が人たらしであるのは周知の事実ですが、実は女たらしでもある(ものすごく冷静+無自覚ですが)。
    先生は自分が振り回されていると思っているようですが、皇女の方も相当先生に振り回されているかと・・・。ご愁傷さまです。

    しかし、「隠居」。うん、あれは「隠居」とはいえないですね・・・。
  • 翼の帰る処 (上)
    ヒロインとの年の差2倍の隠居願望主人公による、本格ファンタジー。以前から新書で展開していたシリーズだけれど、レーベルが休止状態になって単行本で再スタート。書き下ろし短編やカットが掲載されているということで、お布施半分、泣く泣く再購入。ついでにあらためて読み直してみたけれど、面白いね。やっぱり。
  • 翼の帰る処 (下)
    過去を視る力を神より得た一族最後のヤエトと、皇女様のファンタジーストーリー?(恋愛は22歳差あるから発展しなさそう)
    1巻では上記二人の出会いと絆作りの話でした。

    ついでに時期皇帝の座を決めるために7人?の皇子がバチバチと対決するのが始まる。
  • 翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― (下)
    主人公ヤエトがなんと、ただの書記官から4大公家のひとつの貴族になってしまう回。領地を隣同士とする第2皇子との信頼をなんやかんや策略を巡らせて得たりする。皇女として強く成長するのを眩しくみるヤエト。。
  • 翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
    皇帝から与えられた褒美は、夢にまでみた隠居だった。

    ようやく夢をつかんだというのに、やっている事は
    得る前と変わらないという悲しい現実…。
    むしろ、暇だからいいよね☆ という感じがします。
    哀れ…とか言っている暇がない感じです。
    そもそも、会う予定の無かった皇女が…。
    いやまぁ自覚するのは大事です...続きを読む
  • 翼の帰る処 5 ―蒼穹の果てへ― 下
    思ったより、するっと解決した事件。でも彼らっぽいと言えば彼らっぽいかな。
    名残惜しいが、完結。そして未だに本格引退できない主人公。
  • 翼の帰る処 5 ―蒼穹の果てへ― 下
    シリーズ完結。
    病弱主人公ヤエトと前向き皇女の組み合わせが楽しく、続刊が出るのをいつも楽しみにしてました。
    無事完結して本当に良かったです(こんな大風呂敷広げて終われるのか、と思ってました・・・)。
    「これで終わりじゃないんだよ、彼らの人生はまだ続くんだよ」という感じの結びで、その後の彼らの行く末に...続きを読む