今沢真のレビュー一覧

  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    私も東芝と関わりの深い会社で仕事をしており、この本に書かれてる内容を肌で感じ取ることができました。もう3年も前の出来事ですが未だにその時の事を思い出すことができます。本書は事実の羅列だけでなく、筆者の真相を追求しようという目線で書かれてるので大変興味深く読み進めることができます。東芝と関わりのある仕...続きを読む
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    毎日新聞経済プレミアの編集長の本。
    ちょっと、経済プレミアを宣伝しすぎの嫌いがあるが、
    仕方がないか。現在の東芝を書くためにも、
    そのポジションが必要かもしれない。

    2015年5月8日東芝による「不適切会計」の発表があった。
    何故、「粉飾」ではなく「不適切」なのか?
    もしくは「不正会計」なのか?
    ...続きを読む
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    毎日新聞の記者の本。
    東芝の決算延期、配当延期の記事、他の新聞は小さい記事でしか書いてないけど、毎日新聞は一面でデカデカと書いてたよね。といううさんくさい出だしだった。買っちゃったから読まないともったいない精神から、仕方なく続きを読むことに。

    『チャレンジ』と『ウエスチングハウス』

    チャレンジで...続きを読む
  • 東芝 終わりなき危機 「名門」没落の代償
    東芝、セブンの内幕が少しわかる。
    東芝は、リストラされる人が莫大に出た。いつでも自分で生きていける準備が必要。
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    東芝の不正会計を同社の動向を追いながら、著者の見解とともに書いた一冊。

    報道でなんとなく理解していた部分はありましたが、本書を読んでその時なにが起こっていたのかや同社の対応のずさんさを知ることができました。
    西田、佐々木両氏の対立やウェスチングハウスののれん代を巡る経営の問題、新日本監査法人の監査...続きを読む
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    仕事で東芝の方とも商談をさせて頂くことがある。不正会計発覚後、会社が大変な状況になっているともお聞きした。
    東芝のこの問題の真相を知りたいと思い読んだのだが、2016年1月時点では真相はまだまだ明らかになっていないようである。とはいえ、不正を主導した過去の経営陣(特に前3代社長)の責任は重い。個人の...続きを読む
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    三代も続いた社長指示の魔の言葉「チャレンジ」、NOと言えない会社体質が結果的に株主や消費者を裏切り、自らのリストラを導くことになる。
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    昨年(2015)新聞を見ていて、あの大企業の「東芝」の決算発表が延期されるということを思い出しました。延期となった原因は、不正会計を正すために時間が必要だったからのようですが、この本にはその経緯が書かれています。

    原子炉会社の買収、その後に起きた東日本大震災、資産評価修正の必要性等、色々と原因があ...続きを読む
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    東芝の監査法人はオリンパスと同じだったんですね。不正について何もできない監査法人っていったいなんなんでしょう?
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    過剰な利益至上主義による「押し込み販売」や「チャレンジ」を続け、事業に集中するのでもなく、鉛筆をなめつづけた東芝の不正会計(なぜ粉飾決算といわないのか)に関する著者の考察本。著者は、①西田、佐々木氏の対立②ウェスチングハウスの経営問題③新日本監査法人の責任の3つを謎として掲げている。正直①はどうでも...続きを読む
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    『製造委託業者に部品を高く売った時点で、差額が一時的に東芝の利益となる。四半期ごとの決算期に合わせてその利益が積み上がるように仕組むのだ。』

    西田社長時代にパソコン事業の赤字が拡大。利益水増しのため、製造委託業者に部品を高く売る「押し込み販売」を敢行。

    営業時代は見込みの売上を埋蔵金と呼んでいた...続きを読む
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
    20160306 大企業だからこそごまかしは大変な結果を招く。個人の利益に走ったのでは無い所に日本の会社の哀しさがある。トップの信義が全てなのだと結果が教えてくれている。