森功有のレビュー一覧

  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    素晴らしい本!ライバルには教えたくないかも笑

    ・営業=マーケティング+ターゲティング+セールス
    ・決算短信
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    どうすれば営業の目標が達成できるのか,その習慣について語られた一冊。習慣はタイトルどおりひとつなのだけど,実際のところは習慣というよりは法則の方が言葉として適切な気がする。とはいえ,習慣だろうが,法則だろうが,目標が達成出来ればよいはずだ。
    誰を相手にするのか,どうアプローチすればいいのか,実際に臨...続きを読む
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    こちらも小笠原さんの一冊。同じ営業について書かれた本でも、先日の「トップ営業マンのルール」よりこちらの方がポイント絞って具体的な心配りやケアをしていることが書かれていて、参考になることが多かったです。伝えたいことっていろいろとあっても、全部書こうとすると伝わらず絞るとわかりやすくなる、その比較ができ...続きを読む
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    1番になるための1つの習慣はトップアプローチ。アプローチ手法が順を追って丁寧に書かれているため、実践しやすいだろう。あとは本通りに言えば上場企業の社長にアプローチするか否か、生涯顧客の気持ちをもってフォローするかどうか。しかし、最近場面場面のスキルより顧客の組織図をつかむ、顧客組織の人間関係をつかむ...続きを読む
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    営業で一番になるには? に対する回答が「トップアプローチ」をすること。トップアプローチの方法、効果等を具体的に教えてくれる一冊。
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    "■営業
    ①トップにアプローチする。
    ②決算短信で会社の対処すべき課題読む。
    ③テレアポの前に手紙を送る。送る資料には、手紙、クライアントリスト、会社案内、名刺の4点を入れ各情報は入れすぎない。会社の特徴と実績ブロックは経営視点で書く。送る封筒は、会社専用封筒は×、茶封筒は〇で宛名は手書きで。到着後...続きを読む
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    【TOP同士】
    簡潔に述べると、TOP同士を引き合わせれば、成約率が格段に上がるということです。
    以上!

    簡単ですね。
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    ●トップアプローチを実践後は、平均して、50件にアプローチして、10件ほどアポイントが取れ、2件前後成約することができます。これは、成約率にして約4%と、一般的なアプローチに比べてなんと20倍にもなります。

    ●売れる営業マンは契約をもらったお客さまに新たなお客さまを紹介してもらえるような付き合い方...続きを読む
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    富士ゼロックスのトップセールスマンであった著者の営業手法が書かれている。売れないなら売れる習慣にかえてみようがキャッチフレーズ。明日から実戦で利用できることが多く書かれている。世の中には営業の指南書が数多くあるが、非常に読みやすい。時間もかからずサクっと読め、一読しても損はないだろう。ただ営業成績を...続きを読む
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    答えは数ページめくると書いてあります(笑)
    トップに会うことです。
    この本では
    ・何故トップに会うべきなのか
    ・トップに会うためにはどうしたらいいか
    について書かれています。

    サービスや案件を扱う場合には有効なのではないでしょうか。
    単価の低い物販中心だとあまり向かないかもしれません。
    とはいえ、...続きを読む
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    自分がまだ学生なので、使えるかどうかはよくわかりません。
    でも、「自ら価値を与えられる人間になろう」そんな風に思えた一冊です。
  • 営業で1番になる人のたった1つの習慣
    ■概要
    営業で1番になる人のたった1つの習慣、
    それは・・・
    トップ・セールスをすること! (言っちゃった)

    富士ゼロックスでトップ・セールスとして活躍した著者が、独立したあとに、そのノウハウを、会社名や会話力などに頼らずに、誰にでも成果が出せる形にまとめたもの。

    ・顧客のターゲティング
    ・手紙...続きを読む