たけうちりうとのレビュー一覧

  • パレット文庫 君の心に天使の輪
    祁内シリーズ。祁内さんは一体何者なんでしょうね。神様?天使?妖精?ちょっと不思議で切なくて温かい、そんな物語。
  • 犬とカフェテラス
    「犬とペントハウス」の続編。この二人の物語はこれで終わりなのでしょうかね。このシリーズもとても好きです。
  • 推定恋愛
    4.5 この先生面白いな!言葉使いは人に読み続けさせる魅力がある。キャラクターの設定も珍しい。年上のほうはいつもヘラヘラして年下に見えたが、年下が大人っぽい振る舞いをして年上に見えた。しかし、続きを読むと、そう簡単にはならなかった。ヘラヘラしてるのは何もかも見透してる余裕。大人っぽい振る舞いは本当の...続きを読む
  • パレット文庫  騎士とビショップ
    自分の中では、ターニングポイント的作品。
    たけうち、金ひかる両氏のファンになったきっかけの本でもある。
  • 葉月物語
    今や物書きをほぼやめてしまったたけうちりうとの時代劇。長屋人情ものでありつつ幕府の陰謀が絡んで事件を解決、といういかにもたけうちさんの好きそうなお話。
    たけうちさんの書く人間というのは情には厚いがカラッと強かに生きているタイプが多いため、江戸情緒とでもいうものにひどく馴染んでいる。出てくるキャラクタ...続きを読む
  • 紳士とペナルティ
    そうそう、トムの恋人が幹(「空色の花」)だったんですよ。だから「空色の花」をすごく探したことを思い出しました。”たけうちりうと作品随一の色男”と称されるトム・ショルティのお話。パブリックスクールの時既にグレイはグレイだったんだなと、なんとなく感心♭
  • 冷たいシーツの上で
    (イラスト:蓮川愛)大学病院の研修医Xエックス線技師。とは言え、たけうち様の事ですから司法試験も合格している30歳の研修医だなんて素敵な攻め様と甘え上手だけどしっかり者の末っ子受け君という前代未聞のおしゃれなカップルでした。しかも再搬送事件とか悪警察官による暴行事件などが絡んだ謎など、飽きさせない展...続きを読む
  • 冷たいシーツの上で
    話的には面白かったけど、もっと深く読みたい。

    警察のことも最後は軽く触れただけで終わってしまったので、といっても元がBLだからそこはあまり注目すべきところじゃないかもしれないけど、お話が上手かっただけに、もっとそこ読みたい!と。

    いまいち攻め側の執着の始まりが分からないからそこはフラストレーショ...続きを読む
  • パレット文庫 君の心に天使の輪
    見落としていた大切な何かを、不思議なきっかけで気づかせてくれる静かでミステリアスな感じ。後で書き直す。
  • パレット文庫 こゆるぎ探偵シリーズ4 番外編 野原のロマンス
    こゆるぎシリーズ番外編。おっとり坊ちゃんが老舗の旅館を支えるために頑張る。旅館の跡取り×ゲイの料理人