パレット文庫 こゆるぎ探偵シリーズ4 番外編 野原のロマンス

パレット文庫 こゆるぎ探偵シリーズ4 番外編 野原のロマンス

作者名 :
通常価格 308円 (280円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小田原(おだわら)中二年の廼原偲(のはらしのぶ)は物理部所属。ラジオ作りや通信技術に熱中する。そんな彼だが、文芸部部長・小由留木楓(こゆるぎかえで)先輩に憧(あこが)れてもいた。しかし箱根(はこね)にある実家の老舗(しにせ)旅館の危機を知り、休学を決心。跡取りの兄が出奔(しゅっぽん)し板前(いたまえ)が辞め、父が病(やまい)で倒れたのだ。別れる前、楓に想いを伝えたいと勇む偲だが……。 偲の実家・廼原楼(のはらろう)の新しい板前はすぐに見つかった。料亭で働いていたが、国見恭一(くにみきょういち)という男との浮気がバレ、料理への妥協(だきょう)を許せず板長(いたちょう)と喧嘩(けんか)ばかりして店を追い出された真田斗志(さなだとし)である。斗志と若旦那(わかだんな)・偲は惹(ひ)かれ合い、経営も軌道に乗りかけた頃、別れたはずの斗志の元恋人・恭一が現れ……!?

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
パレット文庫
ページ数
187ページ
電子版発売日
2011年03月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

パレット文庫 こゆるぎ探偵シリーズ4 番外編 野原のロマンス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こゆるぎシリーズ番外編。おっとり坊ちゃんが老舗の旅館を支えるために頑張る。旅館の跡取り×ゲイの料理人

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています