安藤浩之のレビュー一覧

  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    まだ課長でもないが、読んで良かった。
    「与えられた権限を使い、部下を動かして結果責任を果たすこと」が大切な仕事。無駄な業務をやめる権限があり、他部署との境界に立って3つの役割(伝える、守る、取り入れる)を果たすこと。パフォーマンスの向上と、価値観の共有(MVV+4S)。組織にイノベーションを起こし、...続きを読む
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    部長としての仕事や組織に対する考え方をまとめた本。課長視点しか持ち合わせていない私にとっては大いに参考になった。読書メータで低評価をする人のコメントを見ていたら、内容が薄いとか、この本は部長どころか課長、いや、新人が読んでもためにならないという散々の書かれようだったが、そうでもなかった。
    部長にもな...続きを読む
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    2015/5/21 著:安藤 浩之

    著者は慶應丸の内キャンパスシニアコンサルタント。2009年より現職。組織・人材マネジメント、戦略的意志決定論を中心に企業内教育で活躍中。

    部長の仕事について、気軽に相談できる人はなかなかいない。書店に足を運んで...続きを読む
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    部長に求められている仕事は、課長のそれとは異なるということが、具体的に平易に語られいる。考え方の指針を与えてくれるという点において良書である。
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    部長や役員の視点に興味があり、手に取った一冊です。
    課長と部長の視点の違いを実感しました。
    何回も読み返すことができる様に、要点を箇条書き調に仕上げてます。
    対外的なコミュニケーションの促進、戦略的思考、組織的なマネジメントなど、視野もレベルも高くおいて考える必要があることを学びました。
    また、より...続きを読む
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する課長の仕事
    管理職試験の前に、乱読した時の一冊。と思ったら、
    管理職昇格後の研修で、講師として現れた。
    全体として、まとまっているようには、あまり感じないが、
    エピソード毎には、読む価値はある。

    部長は、事業戦略の実現であり、課長は、職場目標の達成という目標の違い
    部長は、上を向いて仕事をして、課長は、下を見...続きを読む
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    部下に読まそうかと思って読んでみたが。
    微妙な本だ。これを読んで納得する奴は既にわかっている奴の様な気がするし、ダメなやつはこれを読んでも全然ピンと来ないだろうし。
    うーんん、どうするか?
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する課長の仕事
    出世というより、やるべきことの感が強い。
    特に目新しいものはないけど、サッと読んで確認するには最適。
    飲み会のスタンスはやはり、こんな感じなんだなと改めて思った。
    飲めないから賛成ですけど。
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    部長にゴールを置くか、取締役にゴールを置くか、視点の違い、即ち経営視点を持って仕事に取り組めるかどうかを説いている。マネジメントの定石的話題なので参考にはなるものの、独特な切り口があるわけでもなく、課長と対比しながらも視野の狭い例示のような課長も少ないかなと思われる。

    ちょっと当たり前のことを当た...続きを読む
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    4つの幅、リーダーシップ5つのスタイル、組織変革の7つのステップ、安心感の醸成。

    本質思考かつ大局的な視点で、自己研さんに励むことがまずは部長になる上で大事なんだなと感じた。
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事

    普通です。

    一般的なビジネス書です。読みやすく内容も分かりやすかったですが、特に新しい発見はなかったです。
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    やってて意外に立ち位置のよくわからないこの部長職。どういった立場でどういった目線が必要なのかはとても為になった。
  • 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事
    とにかく盛りだくさんだったというのが感想。
    すごくいいこと書いてあるのに、
    項目が多すぎて一つ一つをかみ砕いて書いてないのが残念。
    (特に後半)
    まあ、本当に役員になれる部長が読んだらピンとくるのかもしれない。