ルックバック
  • 完結

ルックバック

作者名 :
通常価格 459円 (418円+税)
紙の本 [参考] 484円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

自分の才能に絶対の自信を持つ藤野と、引きこもりの京本。田舎町に住む2人の少女を引き合わせ、結びつけたのは漫画を描くことへのひたむきな思いだった。月日は流れても、背中を支えてくれたのはいつだって――。唯一無二の筆致で放つ青春長編読切。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
少年ジャンプ+
ページ数
150ページ
電子版発売日
2021年09月03日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
35MB

関連タグ:

ルックバック のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    すごい

    11 2021年09月04日

    作品としてとんでもない完成度です。
    ストーリーが様々話題にあがった作品ですが、漫画表現としてもとても優れていると思います。
    一コマとして無駄なコマがなく、随所にメタフォリカルな心理描写や伏線などが駆使されており何度見ても楽しめます。
    お金を出す価値のある漫画だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    圧倒

    ka 2021年09月03日

    ジャンプ+で掲載され読了しました。単行本も買おうと思います。
    普通の読み切り程度のページ数の感覚で読んでいたら140ページ程度あり驚きました。
    チェンソーマン、ファイアパンチなど読んできましたが、今回の作品は感情を描くのが上手すぎる。ただ圧倒されました。読めてない方は是非読んでほしい作品です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    買わない理由がない

    ヒロカズ 2021年09月08日

    創作者を表す短編として、足りないものは何一つしてない。
    作る人の、強さも、当たり前の不安も、孤独な時に見た光明も、もしがあった世界を思ったあと(解釈分かれると思うけど)の強さも、全部全部入ってる。
    短編マンガであんまり使わない言葉だけど、尊さを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    kit 2021年09月04日

    読後感が凄い。
    読み終えた瞬間に、いろんな感情が爆発する。


    こんな傑作をリアルタイムで読めた事が奇跡のように感じた。
    とにかく読んで欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    流石です

    ライティング 2021年09月03日

    無料で掲載してた時に一回読んだけど
    また読みたくて買いました。
    藤本さんの描く女の子って
    何でこんなにかわいーのよ

    にかほ市の誇りっす

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    力強い作品

    kasa 2021年09月09日

    ネット公開時に批判も起きた作品。私は作品の本質ではない部分への批判はナンセンスだと思ったが、今ではそれも多くの人の心を揺さぶった証ではないかと思える。
    何も感じなかったという人は、時間をおいて改めて触れると響くものが出てくるかもしれない。
    何もかもを作品内で説明し尽くすコンテンツが多い(それも一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月08日

    藤野は、最後まで京本に「本当の事」を言ってない様に見える。京本が自分のファンだと言ったから、自尊心が最大限にくすぐられて、漫画描くのを止める訳がない、と思っていい、と思ったんだろうと。藤野が京本の本当の心を見ていたとは思えない。京本らしき人間はこんな感じ、程度で、その他者に対する認識の甘さは、年相応...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月04日

    チェンソーマンから知りJUMP+でもともと読んでいた。
    漫画表現の枠を拡張するような作品。
    台詞なしの描写のみで喜びや怒りをここまで表現できるのかと驚いた。
    「なぜ漫画を書くのか」という自己言及的な創作論だが、その語りに力強く大きな愛が溢れている。
    何度でも読み返したい素晴らしい作品。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    すばらしい

    たつお 2021年10月15日

    朝日の書評に引かれて読みました。言葉は少ないけど饒舌で1ページ毎が尊いシーンの連続でした。最後のストーリーは本当に泣けました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月04日

    漫画家を目指す同志。面白いものを書くライバル。自分にないものを持っている憧れ。プライドをへし折られた仇。初めて向けられた尊敬。認められたという満足感。
    藤野が京本に感じた感情は、一言で表現できるものではなく、多くを費やしてもいい足りないほどの何か。
    自分の半身でも、いい足りないほどの強固な関係。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ルックバック に関連する特集・キャンペーン