≪2021年10月号≫月刊 書店員すず木

このエントリーをはてなブックマークに追加
≪2021年10月号≫月刊 書店員すず木
この道10年のプロ書店員・すず木です!
前月に配信された新作マンガで実際に読んで面白かったものの中から<少年・青年マンガ><少女・女性マンガ>それぞれ1作品を勝手に「今月の書店員すず木賞」としてご紹介!

※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

今月の書店員すず木賞

少年・青年マンガ

      • 僕たちのリアリティショー(1)

        僕たちのリアリティショー(1)

        完結

        彼女は、なぜ死ななければならなかったのか。『ぼくらのへんたい』『愛と呪い』のふみふみこが贈るラブ・サスペンス最新作。 彼女は、僕のあこがれ、まぶしすぎるほどの光。製菓工場での坦々とした作業に、至福を感じるタイプの若者である柳(やなぎ )は、女優の卵で幼なじみのいちかと再会する。いちかは人気番組...

        タイムリープ&入れ替わりで、自殺した幼なじみの未来を変えることはできるのか!?

        毎日淡々とした作業をこなすことを至福の喜びとしている柳(やなぎ)。
        ある日、高校時代からあこがれの同級生いちかと再会します。
        いちかは今放送中のリアリティーショーに出演している若手女優。
        柳はいちかの性格的に向いていないからあの番組に出るのはやめたほうがいいと言いますが、いちかはそんな柳に対し寂しげな笑顔を向け去っていきます。
        数日後、いちかが自殺したというニュースが流れ、柳は自分が助けられたのではないかという思いに駆られます。
        柳はショックで目の前が真っ暗になり…次に気が付いた時には、死んだはずのいちかの姿に!!
        なんと半年前に戻っており、いちかと柳の身体と中身が入れ替わっていたのです。
        眩しいくらいに憧れの存在だったいちかと、冴えない人生を歩んでいた柳との人生が交差したのでした。
        柳はいちかとしてリアリティーショーに参加し彼女が死なずに済む世界を目指しますが、一方何も知らないいちかは柳の体で予想外の展開に巻き込まれていきます…。

        描くのは『ぼくらのへんたい』『愛と呪い』などの、性や毒親といった重いテーマを可愛らしい絵柄で描いてきた、ふみふみこ先生。
        今作では今までのふわっとした絵柄とは違うタッチで描かれており、ふみ先生の表現の幅広さに驚かされます。

        タイムリープのタイミングから事件のあった半年の間にいちかの身に何があったのかを柳が追体験していくのですが、彼がどのように状況を乗り越えていくのか…。
        柳といちかが入れ替わったことで、どのような変化が起きるのか…。
        先の展開が全く読めません!!

        何故いちかは自殺をしてしまったのか?という謎を中心に社会問題にもなったリアリティーショーの闇を描きつつ、入れ替わった柳といちか二人が送る人生自体も“リアリティーショー”となっている、入れ子構造にも注目していただきたいです。

少女・女性マンガ

      • ネオ・キャット

        ネオ・キャット

        ねこ漫画の黒船到来!!  あなたをたちまち虜にする猫と人のキュートでエキセントリックな関係を描いた 全8編を収録。 猫の社会進出が進み共に働き、戦い、共存せんとするーー!が カワイイネコチャンにメロメロなのは変わらない!? ファンタスティックな世界観に中毒者続出の巨弾新鋭・青化による初短篇集。

        猫好き必見!!猫の社会進出が進んだ世界で、人間とどう共存する!?

        人を魅了し、メロメロにしてしまう存在、猫!!
        そんな猫達が人間の社会に進出してきた世界の物語です。
        全8編の物語で構成されているオムニバスの物語ですが、どの物語も不思議な世界観で惹きこまれていきます。

        中でも注目したのが3話目の「シャパリュ」という物語です。
        人であるマオが猫社長リチャードの会社を取材した際に「猫ならでは」の部分を探してしまうのに対し、リチャードは“人”だから“猫”だからではなくそれぞれに最適でストレスフリーな雇用環境を模索していると伝えるのです。
        それは現代の多様性について示唆しているのではないでしょうか。
        “猫”と“人”という種族の違いとして描きながらも、猫だから特別なことをするのではなく、それぞれが違うことを認識し、個を尊重することが大切であると教えてくれます。

        可愛い猫と人とのほのぼのストーリーかと思いきや、社会問題に鋭く切り込んでいたり、哲学的な要素が盛り込まれていたりと奥深い作品となっています。
        是非この奥深さをじっくりと味わってみてください!

こちらもオススメ!!

惜しくも今月の書店員すず木賞からは漏れたものの、オススメの作品をご紹介!!

書店員すず木

2005年より電子書籍サイトの仕事に携わる、この道10年以上のプロ書店員。
年間に読むマンガの冊数は2000冊以上。
「面白いマンガを多くの人に読んで欲しい」をモットーに、オススメのマンガをご紹介します。

最近の書店員すず木:先月誕生日だったのですが、色んなサービスから誕生日割引の連絡が来たため、結果出費がかさみました…。誕生日を迎える本人ではなく、周りの人に割引連絡をしてくれれば良いのに…と思いました。

新規会員限定半額クーポンプレゼント