犬と歩けばワンダフル 密着!猟犬猟師の春夏秋冬

犬と歩けばワンダフル 密着!猟犬猟師の春夏秋冬

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

信州にくらす猟犬と猟師に密着! 知られざるワンダフルワールドへようこそ! 盲導犬、警察犬、麻薬探知犬……。犬はいろいろいるけれど「猟犬」ってどんな犬? ペットの犬とどう違う? 猟師との間にどんな絆が? 好奇心を胸に「猟犬猟師」と山に入れば、驚きのてんこ盛り。わが家のワンコを見る目が変わるドキュメンタリー。
馳 星周氏絶賛!
「太古の時代、人と犬は狩りのパートナーだった。現代においては猟師こそがあるべき犬との姿を貫いている。そこにあるのは愛と信頼。美しい絆に心が震える」
【まえがきより】犬を使った狩猟は昔から行われていて、とりたてて珍しくもない。「一犬、二足、三鉄砲」と言われるように、狩猟では優れた相棒である犬と山を歩くことの大切さが説かれてきた。数こそ少ないが、ひとりで犬を連れて山に入る猟師もいる。でも、僕が出会った猟師はちょっと、いや、かなり変わった人なのだ。犬が好きすぎるのである。あまりにも好きだから、「そんなに必要なのか?」と思わずにいられない頭数を連れていき、かえって効率の悪い猟になることもしばしば。それでもまったく気にすることなく、日が暮れるまで家へ帰ろうとしない。そういう人をどう呼べばいいかと考えて、「猟犬猟師」と命名した。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
260ページ
電子版発売日
2021年06月17日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
8MB

犬と歩けばワンダフル 密着!猟犬猟師の春夏秋冬 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月29日

    狩猟には欠かせない存在の猟犬は正にMan's best frirnd.猟犬と猟師の一年に密着した心温まるノンフィクション。

    犬好きでなくとも間違いなく楽しめるだろう一冊。飼い主の猟師が喜ぶために獲物を探して追い立てたり、回収したりする猟犬。道具ではなく心の通った生き物。想像以上に深い絆が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月19日

    長野に移住して狩猟免許をとったもののヘッポコ漁師のライター。猟犬を愛する変わった漁師の狩りを取材したドキュメント。

    個人的に大好きなのはビーグル、ジャックラッセルテリア。この本を読んで、紀州犬もいいなと思った。

    銃を使った狩り、猟犬を飼うということ、自然と向き合うこと。考えさせられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月11日

    自らも猟師の免許を持っているトロさんが、猟犬を使う猟師に密着取材。トロさんは空気銃で鳥を撃つ猟師だが、長野県に住む猟犬猟師の船木さんを訪ね、その犬たちとの接し方や猟の仕方を記す。
    都会のペットの犬とまったく違う犬との暮らし方が興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社学芸単行本 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング