内科・オバケ科 ホオズキ医院 ぼくはオバケ医者の助手!
  • 最新刊

内科・オバケ科 ホオズキ医院 ぼくはオバケ医者の助手!

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

オバケの世界のとびらを開く「ホオズキのすず」の音にさそわれて、鬼灯医院に出かけた恭平・・・。ところが、そこにいたのは、鬼灯先生のお母さんだった! 先生のかわりに、往診にいった恭平を待ちうけていたものは・・・?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
おはなしフレンズ!
ページ数
127ページ
電子版発売日
2021年10月16日
サイズ(目安)
41MB

内科・オバケ科 ホオズキ医院 ぼくはオバケ医者の助手! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    ホオズキ先生のお母さんは、うっかりしている。車も子どももわすれて帰っちゃったりするのは、うっかりしすぎだと思う。おれのお母さんはおれをわすれたりしないし、お父さんも車をわすれない。ホオズキ先生も、さびしかったと思う。ずっとうらんでいたなんて、ホオズキ先生も案外さびしがりやなんだな。
    ホオズキ先生がや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月25日

    やっぱり好きなのだ、このシリーズ。なんてことないのほほんとした味わいではあるのだけど、ほんのり昭和な街の、世界の風景、ちょっとティピカルなキャラクター造形に、ほっとする懐かしい優しさがある。横丁の角を曲がると、オバケやオバケ専門の医院があったりする、親密な世界。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月25日

    ホオズキのすずの音で導かれるオバケ医院での体験を描く物語。
    小学生の頃、窓の外をぼーと見ながら、想像するようなホンワカする作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

内科・オバケ科 ホオズキ医院 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 内科・オバケ科 ホオズキ医院 オバケだって、カゼをひく!
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 魚つりの帰り道、恭平は見知らぬ路地を見つけました。近道をしようと、その路地に入った恭平がたどりついたのは、「内科・オバケ科 鬼灯医院」。それは、世界にたった1人のオバケ科の専門医、鬼灯京十郎先生の病院だったです! 急な往診に出かける鬼灯先生に頼まれて、恭平は病院の留守番をしたり、鬼のすむ山で「鬼インフルエンザ」の予防注射を打つ手伝いをしたりすることに・・・。心おどるファンタジー!
  • 内科・オバケ科 ホオズキ医院 タヌキ御殿の大そうどう
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 うっかりオバケの世界に入りこんだぼくは、タヌキの若君の病気をなおすため、また鬼灯先生の助手をすることになってしまった!
  • 内科・オバケ科 ホオズキ医院 学校のオバケたいじ大作戦
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 オバケ科の医者、鬼灯(ホオズキ)先生が、小学校の健康診断にやってきた!? 人間の知識を食べて卵を産む、おそろしいオバケ「カゲクイ」が、小学校にまぎれこんだ! 鬼灯先生と恭平は、カゲクイと33匹の幼虫をつかまえようとするが・・・・・・。
  • 内科・オバケ科 ホオズキ医院 鬼灯先生がふたりいる!?
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 マジック・ショーのポスターに、オバケ科の名医・鬼灯先生そっくりの魔術師の写真が! 驚いた恭平が真相を確かめようと、オバケの世界の鬼灯先生の病院にいくと、そこにはなんと先生がふたりいた!? 世界にたった一人のオバケ科の医者・鬼灯先生と、その助手・恭平コンビの活躍に胸が躍る、人気シリーズ、最新刊!
  • 内科・オバケ科 ホオズキ医院 オバケに夢を食べられる!?
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 いい夢を食べるオバケのせいで、町中の人が悪夢に悩まされている! このままでは町は大変なことに・・・。オバケ科の医者・鬼灯先生と助手の恭平は、犯人をつかまえるため、きのうの夜の世界へタイムスリップ! 一体、犯人の正体は? 大人気シリーズ、待望の新刊!
  • 内科・オバケ科 ホオズキ医院 SOS! 七化山のオバケたち
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 鬼灯先生によびだされ、恭平は変わり者のオバケたちが住む七化山へむかった。そこで待っていたのは、体が石になる、なぞの病気だった! オバケ科の名医、鬼灯先生と、助手の恭平が大活躍!
  • 内科・オバケ科 ホオズキ医院 ぼくはオバケ医者の助手!
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 オバケの世界のとびらを開く「ホオズキのすず」の音にさそわれて、鬼灯医院に出かけた恭平・・・。ところが、そこにいたのは、鬼灯先生のお母さんだった! 先生のかわりに、往診にいった恭平を待ちうけていたものは・・・?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

おはなしフレンズ! の最新刊

無料で読める 児童書

児童書 ランキング