LEADER’S LANGUAGE 言葉遣いこそ最強の武器

LEADER’S LANGUAGE 言葉遣いこそ最強の武器

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

言われたとおりにやっただけです。
判断は私の仕事ではないので・・・

こんな残念な言葉を言わせないための6つのプレーとは?
あらゆる組織のリーダーに役立つ、伝え方のパラダイム転換


・話題書「米海軍で屈指の潜水艦艦長による「最強組織」の作り方」の続編!
・組織やチームの暴走を食い止め、最強チームを作るための「伝え方」を学習!
・部下を持つ前に知っておきたい、正しい言葉でチームを導くための新しいパラダイム!
・海軍のお荷物だった潜水艦サンタフェ乗組員134人をたった一年で成長させたリーダーシップをフレームワーク化!
・部下に強要し、服従を強いるリーダーが後を絶たないのはなぜか? 悪いのは人ではなく、古い仕事の仕方である!
・上の人が話し、下の人が黙る、という構図からは正しい改善は生まれない!
・上の人=決断者、下の人=実行者という産業革命期の役割分担では変化の激しい時代で生き残れない!
・全員で仮説を構築し、検証する。能力を証明するのでなく、常に学習モードでいるための新しいプレーブックとは?
・チーム全員が安心して働けるリーダーの言葉遣いはここが違う! よい伝え方、悪い伝え方を徹底的に研究!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
404ページ
電子版発売日
2021年05月21日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
4MB

LEADER’S LANGUAGE 言葉遣いこそ最強の武器 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年11月06日

    非常に知見が得られ、約370ページと量が多いが最後まで興味が惹かれる内容だった。
    思考の青ワーク、実行の赤ワークと分け、それぞれを交互にバランスよく実行する必要があることが、様々な例を提示しながら示されている。
    また、その中でも各場面で伝えるべき言葉、言い方も例示されており、理解し易い。

    非常に満...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月22日

    現在のリーダーに必要な行動、言葉使いについて述べた本。
    思考モードの青ワークと、行動モードの赤ワークを上手く切り替えて学習と適応に重きを置く事で、現場の情報をチームで共有してプロジェクトを成功に導ける。
    この本には複数の失敗事例、成功事例が述べられており、とても参考になる事例が多かった。青ワーク、赤...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

    具体的な言葉遣いまで書かれていることで、より具体感を持ったアプローチをイメージすることができる。何か目から鱗、というほどの内容があるわけではないが、一般知識だけではなく、具体的な事例があるのがよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月01日

    新たな働き方として、従来の産業革命期の働き方である「赤ワーク(行動モード。強要)」と「青ワーク(思考モード。連携)」の組み合わせと切り替えが必要で、そのうえで伝え方である言葉が重要と説く。本書は「プレーブック」と称し、各場面における赤青の具体的なシチュエーションとフレーズ、期待する効果を描く。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月15日

    時間が支配する赤ワークと思考が支配する青ワークとの対比で仕事の進め方を解説。赤ワーク偏重の仕事では大きなミスが起こっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    良い組織にするためには
    リーダーの言葉遣いを変えることにより
    その言葉からチームの行動が変わる
    という考え方には納得できました。

    この本に記載されているとおりにできれば
    良い組織にはなりそうですが、
    この本の通りに組織を作るためには
    会社のトップからこの考え方に同意する必要がありそうです。

    まだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月22日

    赤の実行と青の思考を実行者と一緒にやらないとダメだよねとそういう話。どっかというと作者がそこそこ老年になってから失敗して方向転換してるのはえらいね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月19日

    組織の活動はは赤(実行)、青(思考)に別れがち
    特徴理解し相互に取り入れるバランス大事

    基本、赤はバリュエーションが敵となり青はバリュエーションが味方になる。
    ただ赤にバリュエーションないと大きなミスの原因、パフォーマンスも抑制されてくる
    → 中断 を入れメンバーから意見取り入れる

    基本、青はス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月09日

    米海軍官庁だった人の著書なので、基本的に”Yes, sir!!”の世界を変えて、どうメンバーから建設的な意見を引き出し、自律的に動いてもらえるようにするかという話。
    自分の場合、これが行き過ぎて、リーダーとしてグリップが効かなくなりがちなことに課題を感じており、自身のニーズと合わなかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年07月11日

    - 赤ワークと青ワークを交互に行う仕組みを定着させるには、青ワークを終えたあとに赤ワークに移行するというリズムを計画的に導入する必要がある。
    - 青→赤→青 のレイヤーサイクル
    - 業務として
    - 青→マニュアルの作成
    - 赤→マニュアル通りの実行
    - 青→上手くいった点、如何なかった点のレビューと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング