ウィンター・キル

ウィンター・キル

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

オレゴン州の辺境の林道で埋められた死体が発見された。要請を受けてやってきたFBI特別捜査官のアダム・ダーリング。彼は、ある事件の判断ミスにより、死体安置所パトロールという不本意な役割を命じられていたのだ。調査の結果林道の死体はFBIが調べていた連続殺人とは無関係と判断され、翌朝にはロスにトンボ帰り。その晩ひとり訪れたレストランでアダムは保安官助手・ハスケルとほんの一瞬、目が合った。今夜が過ぎれば二度と会うまい――一夜限りのはずだった。

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
新書館
掲載誌・レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
電子版発売日
2021年02月25日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
8MB

ウィンター・キル のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    冬斗さんの訳と、草間さんのカバー絵でジョシュ・ラニヨンの作品を手に取ったのが何年前かなぁ。
    簡単な恋愛話ではないところが気に入っているのかもしれない。
    なかなか海外の話を理解するのは難しいと思うしできているとは言い難いが。

    続きがあればいいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    モネ・マーダーズを読んでから読んだので余計に楽しめた。カップル二人は今までの作者の中でも一番好き。
    殺人事件部分はちょっと納得いかない?理解しきれないところもあったので、もう一回読もうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています