鬼を待つ

鬼を待つ

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

飲み屋で男二人が喧嘩をした。一人は大怪我、殴った男は遁走の果てに首を吊った。町方にすれば“些末な”事件のはずだった。しかし、怪我を負った男が惨殺されたことから事態は大きく展開し、小間物問屋〈遠野屋〉の主・清之介の周囲で闇が蠢く。北町奉行所定町廻り同心の木暮信次郎と岡っ引の伊佐治が辿り着いた衝撃の真相とは――。一気読みのシリーズ第九弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2021年02月09日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
1MB

鬼を待つ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月28日

    ビターチョコレートのようなシリーズ

    弥勒を切る

    今回は 遠野屋の死んだ恋女房おりん に瓜二つの女が出てくる。

    これは 心揺さぶられる。

    おまけに その女は 婿にならないかと誘われた八千代屋の娘付きの女中

    はずみで抱き寄せた時 感じた匂いで正気に返る。

    匂いねえ!

    五感を研ぎ澄ませて書い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月16日

    シリーズ(物語)が分岐点を迎え進化した。今回は色々な視点「商い」「政」「人」「闇」で楽しめた。次が気になるシリーズ物の醍醐味を満喫出来た。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月07日

    何でもない事件が遠野屋を巻き込む大きな事件と発展する。そして、清之介に縁談が・・・あの源庵が・・・と、これ以上書くとネタバレしそうなので止めておく。今回は新たなキャラクターが登場。一人は清之介に恋焦がれる大店の娘おたや、そしてもう一人はおたやの付き人のおよし。だが何時も冷静沈着な清之介がおたやの付き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月11日

    亡き妻おりんに生き写しの女性の出現に心が揺さぶられる清之助。
    結構嗅覚がキーになっているように感じました。
    前巻より興味深く読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月27日

    弥勒シリーズ第九弾。
    相変わらずこのシリーズは、読み始めると江戸の町に自分も入り込んだように楽しめる。
    今作は、遠野屋の清之介の亡くなった妻おりんと瓜二つの女が登場し、清之介のいつもの冷静さが欠けて揺れる様子が珍しい。
    商いと政が絡み合った内容がとても面白かった。

    岡っ引の伊佐治の「〜あっしにわか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月08日

    うーん、よかった。
    良かったんだけど、なんだろう、ちょっと肩透かしな気しないではない。
    小暮さまの剣呑な遠野屋に対する執着が薄かったからかな。その分安心して読み進められたんだけど些か物足りない気もする。
    これではなんだかんだと小暮さまに惹きつけられている伊佐治や遠野屋と同じではないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    「弥勒」シリーズ第九弾
    「春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン」の後に読んだだけに、ほの暗さが強調されてしまった。
    人の心の中にある暗い面を抉り出す信次郎。
    暗闇に生きた過去を封印して、商人として生きる清之介。
    清之介に迫る闇。闇を明るみに出す信次郎。
    緊張感のある、しかしお互いに信頼する部分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    殺人とも思われない事件から連続して殺人が起きるが、木暮同心の信じられないような洞察力で一気に解決。黒幕と思われた人物が実は、、、。相変わらず、どうしようもない暗さの内容がクセになる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月05日

    ***ストーリー***
    飲み屋で男二人が喧嘩をした。一人は大怪我、殴った男は遁走の果てに首を吊った。町方にすれば“些末な”事件のはずだった。しかし、怪我を負った男が惨殺されたことから事態は大きく展開し、小間物問屋〈遠野屋〉の主・清之介の周囲で闇が蠢く。北町奉行所定町廻り同心の木暮信次郎と岡っ引の伊佐...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング