この愛が罪でも

この愛が罪でも

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

■あの少年がこんな魅力的な男性になったなんて。ここに来たのを後悔することになりそう……。■ミーガンはカリブ海のサン・フェリペ島に向かう飛行機の中にいた。病み上がりのせいか顔は青白く、一抹の不安も感じている。だが、それが体調のせいばかりでないことはわかっていた。これから母の再婚相手の家族と十六年ぶりに再会するのだ。継父のライアン、その先妻の娘アニタ、そしてアニタの息子レミー。ミーガンが十五歳のとき両親は離婚し、母はサン・フェリペ島に住むライアンと再婚した。母はすでに亡いが、多感な少女時代にミーガンが受けた心の傷は深く、いまだに気持ちの整理がつかない。島の空港に降り立ったミーガンを、見知らぬ男性が出迎えた。それは、二十五歳になり、たくましく成長したレミーだった。男性的な彼の魅力に、ミーガンは圧倒された。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン
ページ数
160ページ
電子版発売日
2021年01月22日
サイズ(目安)
1MB

この愛が罪でも のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    亡き母の再婚相手の家族と会うため16年ぶりにカリブ海の島を訪れたヒロイン。
    病気の継父、継父の先妻との間の娘とその息子であるヒーローと再会してーー。

    25歳のヒーローと31歳のヒロイン。
    義理の叔母と甥っていうのが背徳感なのか…?
    全然そんな感じはないけど継父の娘でヒーローの母親がヒロインとの関係...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています