毒を喰らわば皿まで ~その林檎は齧るな~
  • 最新刊

毒を喰らわば皿まで ~その林檎は齧るな~

作者名 :
通常価格 1,375円 (1,250円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

日本人男性だった前世の記憶を持つアンドリムは、自身が生きているパルセミス王国が、乙女ゲームの世界だと気づく。彼は前世の知識と現世で持って生まれた才を活かし、悪役である己の運命に打ち勝つとともに、ライバルでもあった騎士団長のヨルガを番とすることにも成功した。しかし、自身の一族には短命の呪いがかけられている。アンドリムはこの呪いを解く術を探しに、東にある国・ヒノエに赴こうと計画を立てていた。折良く、ヒノエから国主の娘だというシラユキ姫がパルセミス王国を訪ねる。なんでも国を脅かす八岐大蛇を討伐するために、ヨルガに力を貸してほしいとのこと。アンドリムはヨルガと共に、ヒノエを目指すが――!?

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
アンダルシュノベルズ
ページ数
360ページ
電子版発売日
2021年08月06日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

毒を喰らわば皿まで ~その林檎は齧るな~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    今回も…

    ほこ 2021年08月30日

    とても読み応えのあるストーリーでした。
    キャラくても魅力的で話の展開も面白い…
    また次巻が出る事を楽しみにしています!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    前作同様面白かった!

    きるしぇ 2021年08月18日

    前作のラスト、こんなことがあって娘は幸せになったよ、のこんなことの中身でした。
    正直、鏡使うまでやって欲しかった!
    ていうか、最後まで詳しくやって欲しかった!
    あ、最後まで詳しくは次巻ってことなんですかね!?
    楽しみに待ってても良いのであれば待ちますよ!?
    皆さんも仰っているように、前作よ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    前作が面白かったので、購入。
    元悪の宰相・アンドリム。自身の一族にかけられた短命の呪いを解く術を探すために東国のヒノエを目指す。
    前作はアンドリムの悪辣さが痛快だったので、アンドリムの悪役っぷりか無かったのがちょっと残念だったけど、前作よりBL度が上がったのは良かった✨
    アンドリムとヨルガのイチャイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月01日

    良かった。
    ここでこれが来るのかーって、とこもあったけど、そこを差し引いてもとても面白かった。
    素晴らしく相性の良い、性癖ドンピシャな作家さんに出会えて幸せ。
    惜しむらくはイラストだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月05日

    今回は最初からくっついているので、イチャイチャ多めで嬉しい。前作で二人のその後を知っているので、切なく感じる場面も。サブのカプは今回も好みで、この人の書く忠犬✕美人とは相性がいいようなので、次回作も買いたい。
    ヒノエのキャラがカタカナの日本名なので、読んでいてちょっとこんがらがる。人名リストがほしか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    面白かった

    みー 2021年08月09日

    本屋で続編を発見したときはニヤニヤしてしまいました
    電子派なので電子で出たときはぐに購入しました
    頭脳派のアンドリウムの周りへの掌握術、は見ててドキドキしますね
    また続編とかあるといいな

    後から気づきましたが、最後鏡の役割である刀が実は鞘のほうが相手を選ぶと言うのがこの話のメタファーになっていて良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    読み応えあり

    あんこ 2021年08月19日

    前作の最後に触れた呪いを解く旅の話でした。
    ヨルガとのラブラブも増し増しで、アンリのダーク感が減ったなと思ったけど、彼はやはりダークヒーローでした。
    2人の結末を知ってるだけに切なくもあったけど、楽しく読めました。
    また1巻を読み返したくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

毒を喰らわば皿まで のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 毒を喰らわば皿まで
    1,375円(税込)
    竜の恩恵を受けるパルセミス王国。その国の悪の宰相アンドリムは、娘が王太子に婚約破棄されたことで前世を思い出す。同時に、ここが前世で流行していた乙女ゲームの世界であること、娘は最後に王太子に処刑される悪役令嬢で、自分は彼女と共に身を滅ぼされる運命にあることに気が付いた。そんなことは許せないと、アンドリムは姦計をめぐらせ王太子側の人間であるゲームの攻略対象達を陥れていく。ついには、ライバルでもあった清廉な騎士団長を自身の魅力で籠絡し――
  • 毒を喰らわば皿まで ~その林檎は齧るな~
    日本人男性だった前世の記憶を持つアンドリムは、自身が生きているパルセミス王国が、乙女ゲームの世界だと気づく。彼は前世の知識と現世で持って生まれた才を活かし、悪役である己の運命に打ち勝つとともに、ライバルでもあった騎士団長のヨルガを番とすることにも成功した。しかし、自身の一族には短命の呪いがかけられている。アンドリムはこの呪いを解く術を探しに、東にある国・ヒノエに赴こうと計画を立てていた。折良く、ヒノエから国主の娘だというシラユキ姫がパルセミス王国を訪ねる。なんでも国を脅かす八岐大蛇を討伐するために、ヨルガに力を貸してほしいとのこと。アンドリムはヨルガと共に、ヒノエを目指すが――!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています