嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~1

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~1

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

時は大正時代、高級カフェー「カシオペア」で女給として働いている元・お嬢様の花宮蘭子は24歳。家族からは行き遅れだの、恥ずかしいだの文句を言われているが、当の本人は、どこ吹く風。そんなある日、仕事中に、見知らぬイケメン大学青年から突然プレゼントをもらう。色めきだつ仕事仲間たちだったが、わけのわからない蘭子は極めて冷静。だが、家ではとんでもない問題が起きていた。なんと、子爵の蝶名橋家から蘭子に縁談の話が来ているという。実は祖父同士が孫を結婚させる約束をしていたのだ。とはいえ、仕事も楽しいし、結婚にもまだ興味のない蘭子は断るが、体裁を保ちたい両親の勢いに押され、しぶしぶ蝶名橋家へ向かうことに。そして当日、そこで待っていたのは、カフェーでプレゼントをくれたあの無愛想な青年・耀一郎だった!?

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
黒ひめコミック
掲載誌・レーベル
comic donna
電子版発売日
2021年01月01日
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

新刊オート購入

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~1 のユーザーレビュー

    購入済み

    宣伝動画を見て

    巳亥子 2021年01月16日

    他のサイトの宣伝動画でしたが、この作品が気になり購入しました。
    結婚に興味がない美人の蘭子さんの気持ちが、どのように変化していくのか楽しみにしています。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    配信されるの待ってました

    弥丞 2021年01月03日

    ずっと読みたくてbookliveで配信されるのを待ってました!

    このレビューは参考になりましたか?

    絵がステキ~

    ぶー 2021年01月17日

    絵に惹かれて試しに購入しました。素っ気ない感じだけどヒーローはヒロインにベタぼれのような様子で、今後の展開に期待大です!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    やっと出た

    ノエル 2021年03月14日

    インスタの広告で気になっていましたが
    違うサイトでしか読めなくて…
    こちらで読む事が出来て即購入しました。
    絵が綺麗でお金持ちイケメン年下男子
    あなたには結婚して貰う
    いきなりのプロポーズ!
    2人は知り合いって事だよね!?
    続きが気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~1
    時は大正時代、高級カフェー「カシオペア」で女給として働いている元・お嬢様の花宮蘭子は24歳。家族からは行き遅れだの、恥ずかしいだの文句を言われているが、当の本人は、どこ吹く風。そんなある日、仕事中に、見知らぬイケメン大学青年から突然プレゼントをもらう。色めきだつ仕事仲間たちだったが、わけのわからない蘭子は極めて冷静。だが、家ではとんでもない問題が起きていた。なんと、子爵の蝶名...
  • 嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~2
    時は大正時代、高級カフェー「カシオペア」で女給として働いている元・お嬢様の花宮蘭子は24歳。家族からは行き遅れだの、恥ずかしいだの文句を言われているが、当の本人は、どこ吹く風。そんなある日、仕事中に、見知らぬイケメン大学青年から突然プレゼントをもらう。色めきだつ仕事仲間たちだったが、わけのわからない蘭子は極めて冷静。だが、家ではとんでもない問題が起きていた。なんと、子爵の蝶名...
  • 嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~3
    時は大正時代、高級カフェー「カシオペア」で女給として働いている元・お嬢様の花宮蘭子は24歳。家族からは行き遅れだの、恥ずかしいだの文句を言われているが、当の本人は、どこ吹く風。そんなある日、仕事中に、見知らぬイケメン大学青年から突然プレゼントをもらう。色めきだつ仕事仲間たちだったが、わけのわからない蘭子は極めて冷静。だが、家ではとんでもない問題が起きていた。なんと、子爵の蝶名...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています