友だちってなんだろう?:ひとりになる勇気、人とつながる力

友だちってなんだろう?:ひとりになる勇気、人とつながる力

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

一生使える無敵の「人間関係術」を、齋藤孝先生が伝授!

本当に人づきあいに自信をつけたいなら、3つの力を身につけよう!

1)「気の合う友だちをつくる」力
2)「気の合わない相手ともうまくつきあう」力
3)「ひとりを楽しめる」力

だれとでも友だちであろうとしなくていい。
楽しくて、笑顔になれる「気の合う人」とだけ、友だちになればいい。
ただし、「気の合わない人」とも、いがみ合わず、傷つけあわずに共存していけるよう、人づきあいのスキルをみがこう。

そして、このふたつの対人関係力だけではダメで、大切なのは、自分の世界をもち、「ひとりを楽しめる」力をもつこと。

これからの時代を生きていくうえで重要になるのは「主体性をもつ」ことです。
主体性の根幹にあるのが、「ひとりになる勇気」なのです。
ひとりになることを怖れない心、ひとりを楽しめる心。
それは人とうまくつながるための大切な要素であると同時に、主体的な生き方の軸なのです。
「ひとりを楽しむ力」をもつことで、人に頼りきらない関係を築けるようになるのです。

「雑談力」「偏愛マップ」などのコミュニケーション術を提唱してきた齋藤孝先生が、新しい時代の「友だち関係」を提唱。
10代のうちに身につけておきたい「本当の人づきあい」を伝授します。

【本書の内容の一部】
・自分の課題、他人の課題を区別する
・「みんな友だち」「みんな仲よく」でなくていい
・友だちの「多さ」は意味がない
・いまがすべてじゃない、友だちとは流動的なもの
・好きなものをあいだに置く「三角形の関係」
・友だちよりも、仲間をつくろうよ 
・学校の外に目を向けてみる
・「能動的ひとりぼっち」状態を手に入れる
・きみは「ひとりになる勇気」がある? 
・「犀(さい)の角のようにただ独り歩め」
・「友だちだから言うけど」は鋭い刃
・失礼なことを言われたときに、「かわす」技術があるか
・「ノー!」と言わなきゃいけない関係もある
・人をいじめてしまう危険性を、みんな潜在的にもっている
・後悔も、自分の背中を押して次に進むパワーにできる 
・「心の距離」を縮めるための7つの作法

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
誠文堂新光社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2020年11月13日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
3MB

友だちってなんだろう?:ひとりになる勇気、人とつながる力 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月10日

    『友だちって なんだろう?』
    お勧め本として紹介されていたので、考え直してみたいテーマだと思い、手に取りました。
    まだ、読み始めたばかりです…。

    中高生向けのアドバイス本ですが、大人だって人間関係に悩みます。人生を通して課題となるテーマです。
    わたし自身、「合わない人ともうまくつきあう」力が欠けて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月12日

    今回もさすが、齋藤孝先生‼︎と思う程
    読み易く分かり易い文章で内容も素晴らしい!

    中高生向けの内容や例題だが、
    大人でも大切だと思える内容だった。
    このテーマで大人版も書いてもらいたい。

    「偏愛マップ」も書いてみたいし
    「友だちづきあいを無敵にする3つの力」
    ①気の合う友だちをつくる力
    ②気の合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月19日

    こどもだけでなく、大人にも刺さる内容でした。
    友達の定義、それはシンプルなもので、『一緒にいて楽しいと思える人』であること。みんなと友達にならなくて良い。そして合わない人ともうまく付き合うことの大切さも、非常に面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月29日

    教育者として、変わりゆく人との関わり方を提示する時に、自分も考える。
    あー、そんな考え方もあるのか。確かにそうだよね。と、相槌を打ちながら読み進められた本。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    人との付き合い方

    いたぽい 2020年11月18日

    いじめ、人間関係の悩みが一発で解決する本

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月15日

    筆者の齋藤孝さんの文章をたまたま新聞のコラムで読んで、共感しかなかったので気になって読んでみました。
    大人が読んでもいいけど、主に10代の子を意識して友達との関わり方について書かれている本。心に刺さる言葉がいっぱいです。
    大人になるとある程度わかってくることだけど、これは中高生くらいで読んでおくと心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月13日

    友達とは何か?
    苦手な人と、どう付き合っていくべきか?
    シンプルでとてもわかりやすく、かつ、深い内容だった。
    学生時代にこの本があったらなぁ。
    自分に子供が出来たら、子供が中学生になった位のタイミングで渡してあげたい。
    きっと、人生の役に立つと思う。
    社会の自分も定期的に読み返して、自分への教訓とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    友達との関わり方が学べる本。
    本書は中高生向けだが大人が読んでもなるほどと思うことが多々ある。
    ひとりを楽しめる心も、人とうまくつながるための大切な要素であることがわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    中学生向けに書かれた本ということで大変読みやすく、またあっさりした内容。
    そんなに新しい発見はない。
    でも本当に友達関係で悩んでいる中学生はこの本のタイトル、表紙を見て手に取るだろうか?本当にアクセスしてほしい人にアクセスできてない感がある。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    中学生の頃に知っておきたかった作品。
    誰とでも仲良くできる、広くて浅い友人関係。
    年齢が異なるごとに変わる仲の良い友達。
    自分がコンプレックスというか、悩んでいた感情を少し楽にしてくれるような、心が軽くなった内容だった。
    苦手な人や嫌いな人は基本いないけれど、みんなと仲良くしなきゃいけないと思って頑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています