日本殺人巡礼

日本殺人巡礼

作者名 :
通常価格 957円 (870円+税)
紙の本 [参考] 1,034円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦前から今まで、数多のおぞましい事件が世を賑わせてきた。永山則夫連続射殺事件、吉展ちゃん誘拐殺人事件、女子高生コンクリート詰め殺人事件、酒鬼薔薇聖斗事件、平成の八つ墓村事件……人を殺めてしまう人と、そうではない人の境界は何なのか。殺害現場や殺人者の郷里を丹念に歩き、その土地の匂いをかぎわけることで見えてきたこの国の歪んだ相貌とは。近代の「闇」に肉薄するノンフィクション。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2020年11月06日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
8MB

日本殺人巡礼 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月09日

    表紙写真とか題字のインパクトが強いけど、内容は全然、おどろおどろしいものではない。むしろ、真摯に事件と向き合う作家の姿勢が滲み出る、渾身のルポって感じ。”誘拐”とか、”復讐するは~”とか、以前読んだ作品で取り上げられていた事件についても触れられていて、個人的には復習にもなった。ちょっと犯人寄り過ぎか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    八木澤高明『日本殺人巡礼』集英社文庫。

    日本で起きた殺人事件の現場と事件の背景などに迫るノンフィクション。興味惹かれる事件もあるが、一部の事件の背景や考察については胡散臭い部分もある。

    日本で毎年起きる殺人事件は約1,000件らしい。毎日約3件の殺人事件が起きていることになるが、そこまで殺人事件...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています