The DevOps 勝利をつかめ! 技術的負債を一掃せよ

The DevOps 勝利をつかめ! 技術的負債を一掃せよ

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ボトルネックと技術的負債はどうすれば解消できるのか、
DXを実現する組織・システムの作り方とは――。
「速いものが遅いものに勝つ」痛快IT物語。

3000人規模の自動車部品製造販売会社パーツ・アンリミテッド社の凄腕プログラマー、マキシン・チェンバース。彼女は理不尽な理由から、デスマーチに陥っていた「フェニックス・プロジェクト」に配置転換されてしまった。
ビルドすらできない絶望的な環境で苦しみながらも、システムのボトルネック解消に努めるマキシン。運用や品質保証など他部署を巻き込みながら本番環境に迅速にデプロイできる体制を整えたあとには、技術的負債を払拭するためにクリーンコードで開発される「ユニコーン・プロジェクト」が待ち構えていた……。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
日経BP
ページ数
432ページ
電子版発売日
2020年10月25日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
2MB

The DevOps 勝利をつかめ! 技術的負債を一掃せよ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月25日

    IT業界で働く人は、ひとつの並行宇宙で進行しているような話として読んでみると面白いのではないか。VR転職というか、エアー出向というか。実際にはもっと行きつ戻りつ紆余曲折あると思うが、ひとつのケーススタディとしては申し分ないと思う。でも、アメリカって本当に最初グズグズでも「レジスタンス」よろしく各自の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月22日

    ■5つの理想
    第1の理想-局所性と単純性
    第2の理想-集中、フロー、楽しさ
    第3の理想-日常業務の改善
    第4の理想-心理的安全性
    第5の理想-顧客第一

     エンジニアが現実にいる人ではなく、抽象的な存在として”顧客”を考えると、まず正しい結果を生み出せない。

    「ソフトウェアのデリバリーでリードタイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月10日

    序盤は主人公と周囲の人たちが酷い環境で仕事をさせられていたり、それにもかかわらず誰も改善しようとしないことなどに対するいら立ちに、共感を覚えることが多くありました。

    中盤以降、主人公たちの尽力で改善が進んでいくのですが、なぜかあまりカタルシスを得られず…… 全編通してわからない用語が頻発していたこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月06日

    思ったより読みやすかった。技術スタック的には、自分もやってきたのが並んでて、納得感あった。あるあるネタも、自分も経験あるやつ並んでた。自分のキャリア的に、大手SIerの経験がないのもあるだろうけど、ここまで官僚主義的手続きに技術レイヤまで縛られてる組織の中の人になったことがないので興味深く読めた。今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める IT・コンピュータ

IT・コンピュータ ランキング