悪役令嬢のおかあさま

悪役令嬢のおかあさま

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

三歳の時に転んだ衝撃で前世を思い出した、侯爵令嬢ヴァイオレット。かつて日本のOLだった頃の記憶を取り戻した彼女は、転生前の知識を活かし、穏やかな生活を楽しんでいた。しかし、彼女が十歳になったある日。とある出来事をきっかけに、今生きている世界は前世でやりこんだ乙女ゲームと同じ世界で、自分は悪役令嬢の母親になるキャラクターだと気づいてしまった! ゲームの悪役令嬢はヒロインをいじめ、最後には追放される。そんな彼女が悪行に走った理由は、歪んだ家庭環境だった。――娘が立派な悪役令嬢に育った元凶、わたしじゃん! そう考えたヴァイオレットは、夫になる予定の幼馴染との結婚を避けるべく、奔走し始めて――? 破天荒令嬢のドタバタ奮闘記、開幕! ※電子版は単行本をもとに編集しています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
レジーナブックス
ページ数
304ページ
電子版発売日
2020年10月16日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
8MB

悪役令嬢のおかあさま のユーザーレビュー

    ネタバレ購入済み

    転生悪役令嬢もの王道ですね

    Monijoe 2020年10月21日

    悪役令嬢で最後には悲惨な終わりになるはずが、転生前にそのストーリーをプレイしていたことで逆に周りから愛されてしまうっていう王道ストーリーでした。決して酷評しているわけではなくそういうのが好きなのでその展開に大満足です。
    主人公もそうですが、彼女の侍女のハイスペックさが凄いです。そんなハイスペック侍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています