もてなしとごちそう

もてなしとごちそう

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

旅をしていると、誰かの家に誘われて食事をするということがある。
忘れえぬ人と料理の記憶の断片をめぐる17のエッセイ。

目次
はじめに ムチュジワサマキ――タンザニア
1 クスクス うちに食事に来ませんか――チュジニア
2 干拌面 ルーツに沁みる汁なし麺――華僑
3 マトケ マッシュドバナナが恋しくて――ウガンダ
4 アキー&ソルトフィッシュ ラスタおじさんの滋味――ジャマイカ
5 ヒン 九年越しの食卓――ミャンマー
6 インスタントコーヒー ご馳走させてもらえませんか――ロヒンギャ難民キャンプ
7 バーズィンジャーンマクリー ナスの素揚げが食べられるまで――シリア
8 平壌冷麺 臓腑を揺さぶる贅沢の味――朝鮮民主主義人民共和国
9 フィシーフ ウキウキしながらボラを食う――エジプト
10 イフタール 断食明けのまぜご飯――バングラデシュ
11 ゴヴェヤユハ スープの冷めない距離――スロヴェニア
12 クゲリス 時代を語るポテトプリン――リトアニア
13 ツェドメモクモク カタチのちがう蒸し餃子――ラダック
14 ブンナ アラビカコーヒーの森へ――エチオピア
15 年菜 おせち料理に願いを込めて――香港
おわりに 名もなき料理――ドイツ
食べることの根拠をめぐる旅 藤原辰史

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
大和書房
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年09月26日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
3MB

もてなしとごちそう のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月18日

    仲良くなったネパールの友達からも
    仲良くなったブルキナファソの友達からも
    仲良くなったケニヤの友達からも
    再会したときのあいさつは
    二つ
    元気?
    もう一つは
    ご飯食べた?

    ふと
    身の回りを見渡した時に
    いつも 誰かお客さんがいて
    それが突然のお客さんでも
    いつもとかわらないペースで
    はい 食べて行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    単なる旅ごはんの紹介にとどまらず、毎回深く考えさせられる中村安希さんの紀行本。軽ーく使われる「おもてなし」って言葉には感じる違和感はこれかと膝を打ったぜ、今回は。
    もてなすって、主客ともにこんなに覚悟がいることだ。人ひとりの心も胃袋も預かるんだものな。だけど同時に、難しく考えすぎず、いまできる最大限...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング