呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~1

呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~1

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「妻となったものは、何処にくちづけされても拒んではならない」

クルヴァ王国、最後の姫君であるエア。月蝕の晩、血の色の髪をもって生まれた彼女は、《冥王の申し子》であるとみなされ、誕生してすぐ王宮の外に捨てられた。
そして19年後。森で鷹と共に暮らしていたエアは、王国を「乗っ取った」と言うアルドルという男に、突然、婚姻を申し込まれる。
本来、ただの騎士である彼は、クルヴァの王族を皆殺しにして成り上がった『暴虐帝』であった。アルドルは王国の正当な王となるため、王家の血を持つエアを求めたのだった。

「私にはお前がただ殺すだけの王に思えない――お前の魔法も、とても美しかった」
冷酷な人間と言われるアルドルであったが、想像していた『姫君』とは全く異なり、強さと無垢な心を持っているエアに、次第に惹かれていくことになり――。

愛を知らない二人の、政略結婚から始まるファンタジー・ラブストーリー。

カテゴリ
TL
ジャンル
TLマンガ
出版社
黒ひめコミック
掲載誌・レーベル
黒ひめコミック
電子版発売日
2020年09月18日
サイズ(目安)
8MB

新刊オート購入

呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    Ann 2021年02月07日

    王女なのに忌み嫌われ碌な教育もしてもらえなかった姫と、その国を攻め倒した騎士のお話。この手の話が好きなので続きも期待しています。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    絵がキレイ

    りり 2021年01月24日

    絵がキレイです。魔法も出てきますが綺麗に描かれていました。
    暴虐な騎士は、冷徹かと思ったけどお姫様のことを大事に思い始めているシーン(残虐だけど…)があり、この後が楽しみになりました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる

    ゆき 2020年09月24日

    絵が綺麗でお転婆な姫と恐れられてる騎士の二人の夫婦生活や魔女との戦いがどうなるのかとても楽しみにしてます。たくさんイチャイチャシーンあるといいなー

    このレビューは参考になりましたか?

呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~ のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~1
    「妻となったものは、何処にくちづけされても拒んではならない」 クルヴァ王国、最後の姫君であるエア。月蝕の晩、血の色の髪をもって生まれた彼女は、《冥王の申し子》であるとみなされ、誕生してすぐ王宮の外に捨てられた。 そして19年後。森で鷹と共に暮らしていたエアは、王国を「乗っ取った」と言うアルドルという男に、突然、婚姻を申し込まれる。 本来、ただの騎士である彼は、クルヴァの王族を皆...
  • 呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~2
    「妻となったものは、何処にくちづけされても拒んではならない」 クルヴァ王国、最後の姫君であるエア。月蝕の晩、血の色の髪をもって生まれた彼女は、《冥王の申し子》であるとみなされ、誕生してすぐ王宮の外に捨てられた。 そして19年後。森で鷹と共に暮らしていたエアは、王国を「乗っ取った」と言うアルドルという男に、突然、婚姻を申し込まれる。 本来、ただの騎士である彼は、クルヴァの王族を皆...
  • 呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~3
    「妻となったものは、何処にくちづけされても拒んではならない」 クルヴァ王国、最後の姫君であるエア。月蝕の晩、血の色の髪をもって生まれた彼女は、《冥王の申し子》であるとみなされ、誕生してすぐ王宮の外に捨てられた。 そして19年後。森で鷹と共に暮らしていたエアは、王国を「乗っ取った」と言うアルドルという男に、突然、婚姻を申し込まれる。 本来、ただの騎士である彼は、クルヴァの王族を皆...
  • 呪われ姫は暴虐な騎士に娶られる~愛の印を奥深くに刻み付けて~4
    「妻となったものは、何処にくちづけされても拒んではならない」 クルヴァ王国、最後の姫君であるエア。月蝕の晩、血の色の髪をもって生まれた彼女は、《冥王の申し子》であるとみなされ、誕生してすぐ王宮の外に捨てられた。 そして19年後。森で鷹と共に暮らしていたエアは、王国を「乗っ取った」と言うアルドルという男に、突然、婚姻を申し込まれる。 本来、ただの騎士である彼は、クルヴァの王族を皆...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています