トツ!

トツ!

作者名 :
通常価格 1,683円 (1,530円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

生き抜くことを諦めるな!生死を賭けて任務に挑むSAT隊員たちの
熱い闘いと絆を描いた、衝撃的クライムサスペンス。

原宿駅周辺で銃乱射事案が発生。
多くの死傷者が出たが、
警視庁特殊部隊SAT制圧班(通称トツ)が緊急出動し、
犯人を制圧。
しかし、ある被害者女性が遺した「謎の言葉」が頭から離れない
班長・南條は許されない独自調査をスタートする。
手がかりを追ううちに、四日後の中国首脳来日に
危機が迫っていることが分かり――

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2020年08月04日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
1MB

トツ! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月19日

    アクションモノとしての臨場感と、警察モノとしての謎解き&縦割り組織のしがらみが絶妙なバランスで描かれている。トータルの完成度がとても高く続編に期待したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    臨場感のある描写で、読み始めから惹き込まれる。特に、交戦シーンの展開は、映画でその場に居合わせいるかのようなリアリズムを感じた。
    また、SATの使命感や隊員たちの考え方なども随所に含まれている点は参考になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月22日

    いや~、久々に麻生幾作品に痺れた!
    初期の頃の作品が凄い好きだったけど、最近は単調な感じで、最後まで読むのが辛くて、しばらく離れてたけど、今作は珍しくSATがメインと言うことで、久しぶりに読むことに。
    いきなり代々木公園でのSAT突入事案から始まり、最初から緊迫感満載。
    無事に制圧をしたトツ班こと制...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    原宿駅周辺で銃乱射事案が発生。SAT制圧班(通称トツ)が出動し制圧する。しかし、トツの班長・南條はその事件の被害者女性が残した言葉が残る。独自で真相を追求してゆくが影には大きな事件が待ち受けていた。
    麻生さんというと諜報ものというイメージ、だけど今回はそうではなく、バリバリのアクションもの。テロリス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    警視庁SAT隊員たちの活躍を描く秀作。麻生氏の小説は、小説としての完成度はそれほどでもないが、その取材力と場面場面での戦闘シーンの圧倒的な迫力ある描写が、まるで映画を観ているよう。これからも日本で起こりうるテロを確りと提示した作品を上梓してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    戦闘シーンは臨場感があって良かった。実際にSATが出動する際には実力を発揮できるように制服組が柔軟に動かないといけないと感じさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎単行本 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング