アフターデジタル2 UXと自由

アフターデジタル2 UXと自由

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

デジタルが隅々まで浸透した「アフターデジタル」社会。日本はその社会に向けてゆっくりと進んでいましたが、コロナ禍で状況は一変し、速度を上げてアフターデジタル社会に突き進んでいます。

多くの日本企業は「DX戦略」で活路を見いだそうとしていますが、実はその立脚点が危ういケースは少なくありません。すべてがオンラインになるという前提に立っていないのです。

本書ではアフターデジタル先進国に注目し、特に中国のアリババやテンセントといった巨大デジタル企業の「戦略」、表面的な取り組みの奥にある「本質」に迫ります。事実として、アフターデジタル社会では産業構造がひっくり返ってしまいます。これは予測ではなく、実際の中国市場がそうなっており、こうした世界が広がれば、日本のお家芸ともいえる製造業は最下層に位置づけられてしまうのです。

いわゆるデジタル企業だけでなく、デジタルビジネスとは直接関係ないと思っているビジネスパーソンにも、本書を読んでほしい。なぜなら、アフターデジタルでは、リアルがなくなるのではなく、リアルの役割が大きく変わると言われているからです。

アフターデジタル社会になると、市場のルールが変わると考えたほうがいい。キーワードは「UX」。そして、アフターデジタル社会において成功企業が共通で持っている思考法を「OMO」(Online Merges with Offline)と呼びます。社会の変革は避けようがないなら、こうした新たなルールをいち早く学び、自社の立ち位置を決めて戦略を練らねば負けてしまいます。既に新たな成果を出し始めている日本企業もあります。デジタルを強みにするには必読の書です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
日経BP
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年07月24日
紙の本の発売
2020年07月
サイズ(目安)
6MB

アフターデジタル2 UXと自由 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年01月03日

    日本におけるOMOの事例を知りたく購入したが、事例をみることでロータッチの活用の仕方、UX改善について理解を深めることができた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    中国のデジタル社会を参考に
    今後のビジネスにおけるDXを綴っている本

    従来サービス提供者は「商品」を売っていたが
    これからは「体験」を売っていく必要がある。

    「体験」を売れると言うことは
    ユーザーはそのサービスの世界観に惹かれている
    共感しているということであり、

    このブランド共感ユーザーが増...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    決済プラットフォーマーについての見識を深めることが、アフターデジタルの世界でのキャリア形成には不可欠か。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月04日

    日本企業にありがちなとりあえずデジタル化、がバズらない要因を分かりやすく解説してくれている

    OMO、D2Cと言葉で理解できていても、本当にユーザー目線に立ったUXが構築されているのか
    所謂プロダクトアウトからマーケットイン的思考なのだろうが、ここまで理解し実践できている企業は少ない

    企業の精神、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月06日

    DXの誤解に警鐘を鳴らす本。自分もついついDXを業務効率化の観点で捉えるが、その観点が主になってしまうとUXどこへやら。実は効率化できた業務の範囲も小さく、可能性も狭めてしまう。

    デジタル化によりできることを念頭に置きつつ、今まで仕方ないと割り切っていたものを見つめ直す。
    ゼロペースで見ると、本当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月06日

    ビジネスに関わる人は必読。一回では表層的に理解したけど腹落ちまではいかず…。実践で回して肌感で捉えないと。やるぞー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月27日

     最適なタイミング、コンテンツ、コミュニケーションを捉えて価値提供するには、ユーザーの置かれた状況(ペインポイントや成したい自己実現)を把握してそれに対する解決策や便益を提供し、ユーザーと定常的な接点をなるべく高頻度に持つ必要があります。これは商品販売型のビジネスでは実現が難しく、「体験提供型ビジネ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月25日

    気づき
    行動データ、状況ターゲッティング、バリュージャーニー
    ハイタッチ、ロータッチ、テックタッチ

    アフターデジタル時代に合わせた新しいUXを作る事がDXの目的 UXインテリジェンス

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月11日

    ◯このようにたまったデータをUXに還元し、さらにUXを良くすることでより粘着度の高いサービスに改善され、進化し、さらに行動データがたまっていく、といったループを作ることが「体験型ビジネス」の成功の最重要ポイントになります。(25p)

    ◯もともと商品であった「楽曲・アルバム」は接点の一つになり、様々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月27日

    オンラインとオフラインが融合する世界を、中国の事例を紹介しながら紹介した前作は刺激的で面白かった。
    続編の本作では、中国のビジネスのアップデートに加え、日本で実際にOMOビジネスを企画導入する際の考え方、進め方が解説されている。
    UXが全てであるという指摘には納得感がある。データを集めても、UXに具...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める IT・コンピュータ

IT・コンピュータ ランキング