アフターデジタル2 UXと自由

アフターデジタル2 UXと自由

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

デジタルが隅々まで浸透した「アフターデジタル」社会。日本はその社会に向けてゆっくりと進んでいましたが、コロナ禍で状況は一変し、速度を上げてアフターデジタル社会に突き進んでいます。

多くの日本企業は「DX戦略」で活路を見いだそうとしていますが、実はその立脚点が危ういケースは少なくありません。すべてがオンラインになるという前提に立っていないのです。

本書ではアフターデジタル先進国に注目し、特に中国のアリババやテンセントといった巨大デジタル企業の「戦略」、表面的な取り組みの奥にある「本質」に迫ります。事実として、アフターデジタル社会では産業構造がひっくり返ってしまいます。これは予測ではなく、実際の中国市場がそうなっており、こうした世界が広がれば、日本のお家芸ともいえる製造業は最下層に位置づけられてしまうのです。

いわゆるデジタル企業だけでなく、デジタルビジネスとは直接関係ないと思っているビジネスパーソンにも、本書を読んでほしい。なぜなら、アフターデジタルでは、リアルがなくなるのではなく、リアルの役割が大きく変わると言われているからです。

アフターデジタル社会になると、市場のルールが変わると考えたほうがいい。キーワードは「UX」。そして、アフターデジタル社会において成功企業が共通で持っている思考法を「OMO」(Online Merges with Offline)と呼びます。社会の変革は避けようがないなら、こうした新たなルールをいち早く学び、自社の立ち位置を決めて戦略を練らねば負けてしまいます。既に新たな成果を出し始めている日本企業もあります。デジタルを強みにするには必読の書です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
日経BP
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年07月24日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

アフターデジタル2 UXと自由 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    現在、IT企業で事業投資検討を行っている身として、顧客状況視点に立ったソリューションにすべきという基本的なことを思い出させてくれたことに感謝したい。
     DXの推進が重要と説明しなければならない機会があったが、大して理解もせず腹落ちしていなかった。この本を通して様々な成功事例を見ることで、DXの重要性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月13日

    アフターデジタルを読んでOMOをなんとなく理解した気になっている人に最適です。(私もでした)
    DXはUXのためにある、データは顧客に還元できて初めて価値を持つ等、DXに挑む上での原理原則ともいえる言葉が印象的です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    ビットオートとNIO
    同じウィリアムリーが創業者。カーライフのデータ収集と活用を目指したビットオートだが、どのデータを活用するかが見えずらかったのを反省し、NIOでは、移動以外のサービスも設けて具体的に使えるデータを貯めるようにした。
    NIOは、テスラの半額で買える電気自動車メーカーだが、充電サービ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月29日

    ・行動データの時代では、人を「状況」単位でとらえることができるようになる
    ・ユーザは「今はオンライン、今はオフライン」という区別をせず、その時一番便利な方法を選んでいるだけ
    ・「便利か、楽か、使いやすいか、楽しいか」といったUX品質がほかのサービスよりもいいかどうかが最重要
    ・製品はあくまで顧客との...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月18日

    [DXとはシステムやオペレーションをデジタル化して効率化、コスト削減を行うことが主目的なのではなく、ユーザーや顧客との新しい関係の構築と、それに伴う新しいUXの提供が主目的である。]

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    オンラインとオフラインを融合させて考える「OMO(Online Merges with Offline)」という考え方を軸に、今後のサービス提供のあり方について考えさせられる内容だった。前作にも出てきた「最適なタイミングに、最適なコンテンツを、最適なコミュニケーション方法で提供する」という顧客価値に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月14日

    UXが起点となり、企業の社会における存在価値、マーケティング活動の評価も問われる時代になっている。

    デジタルとリアルが融合し、膨大で高頻度な行動データを使い、商品販売型→体験価値提供型へ競争原理を変える必要がある。
    バリュージャーニーを使って運用する事で、新たな顧客との関係性を再定義し、どのような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月12日

    データだけに価値はない。UXが目的DXは手段。一貫しているメッセージ。
    DXの流れは間違いないんだけど、本当に良いものでないと廃れていくと確信した。
    自分たちが取得できる行動データを、いかにUXに活用できるかを考えるべき。

    中国ほど日本ではプラットフォーマーが強くならない理由が納得できた。
    ・中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月28日

    # 内容
    (大事なメッセージとそのために必要なことをいくつかピックアップ)

    アフターデジタルの本質は「真に顧客提供価値で勝負すること」
    新しいUXを作ることがDXの目的


    * バリューチェーンからバリュージャーニーへ(体験提供型)
    接点を増やすことで顧客理解の解像度を高める。デジタルとリアルを相...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    日本にOMOがちゃんと来るか、アフターデジタル型産業構造になるか、の所まで読み、面白すぎて、妄想するため一旦離脱する。主にLINEの決済系がどうなるのかと、スーパーアプリについて妄想しまくってから1週間後位に続きを読む。そう言えばiOSのApp Clipってどうなんだろう。LINEのミニアプリってど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています