ルドルフとノラねこブッチー

ルドルフとノラねこブッチー

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

年の瀬もせまったある日、今まで文字に興味を示したことが一度もなかったブッチーが、文字を習おうかなと言いだした。同じ頃、どこかに引っ越しをしてしまったブッチーのもとの飼い主を近所で見かけたと犬のデビルから聞いたルドルフは・・・・・・。今度はルドルフとブッチーが旅に出る??教養あるねこ、ルドルフたちの冒険がまた始まる!


年の瀬もせまったある日、今まで文字に興味を示したことが一度もなかったブッチーが、文字を習おうかなと言いだした。同じ頃、どこかに引っ越しをしてしまったブッチーのもとの飼い主を近所で見かけたと犬のデビルから聞いたルドルフは・・・・・・。
今度はルドルフとブッチーが旅に出る??
さらに成長したルドルフとブッチーたちが活躍する「ルドルフとノラねこブッチー」は、小学生読者はもちろん、かつて愛読者だった大人たちも感涙の一冊です。

※小学2年生以上の漢字にルビ付
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
児童文学創作シリーズ
ページ数
272ページ
電子版発売日
2020年06月24日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
165MB

ルドルフとノラねこブッチー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    「ルドルフとイッパイアッテナ」しか読んでないけれど、今年度購入したので他の本をとばしてまず読みました。
    ルドルフの成長と仲間が増えていることに驚き。
    フォントにも最初は違和感あったけれど、話の面白さに引き込まれると気にならなくなりました。

    本当におもしろい!!

    プロローグには
    「いままでの四冊を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    今回のルドルフはかなり世渡り上手になっていてまたまた仲間をふやしていてブッチーを助けていてよく頑張っていてよかった。イッパイアッテナの貫禄も磨きがかかっていて仲間思いでカッコよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月07日

    オトナ目線だと、色々なことに興味を持つキッカケになるようになってる気がした。物語として充分面白かったが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月13日

    ルドルフとイッパイアッテナ5作目。ブッチーの元飼い主の家を探すのだけど、なんともやっぱりイッパイアッテナは頭いい。ルドルフは天然っぽいから本当に可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月21日


    ルドルフとイッパイアッテナシリーズ5作目。

    子どものときに初期作品を読んで、岐阜に帰ったルドルフがリエちゃんの家から東京行きのトラックに乗るまではぼろぼろと泣いたのは自分だけではないかもしれません。ルドルフに感情移入したゆえなのですが、これは何に価する感情なのだろうかと。幼い頃は感情の名前を知ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    待ってました、ルドルフシリーズ第5弾。
    しかし、3巻以降はイマイチ話に入り込めず、その事実に寂しさを覚えながら読み進めている。

    4巻目くらいから、主役のルドルフを差し置いてブッチーが輝き始めて、この5巻でもブッチーが物語の中心にいる。ルドは成長しているんだか成長していないんだか、すっとぼけたような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています