平野が語る日本史

平野が語る日本史

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

難波京・平城京・平安京をはじめ、古代日本の都が置かれた「平野」の実態とは? 段丘、扇状地、三角洲、ラグーン……。地震や火山爆発によって急速に、流水や氷河・風・波浪の浸食や堆積によってゆっくりと変化してきた平野は、人間とどのように関わってきたのか。過去の景観と地形環境を、遺構・遺物や古文献・史料、古地図・地籍図から復原。畿内、大井川、紀ノ川、筑後川を例に、人々の自然への思いや生きざまに迫る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2020年06月12日
紙の本の発売
2020年06月
サイズ(目安)
16MB

平野が語る日本史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

    知っている場所が多く出てくるだけに頭の中が凄く整理された。
    やはり地理学は面白い。

    そして地理と歴史、古文を関連づけて学ぶ楽しさも味わえた。

    河川と歴史の研究に取り入れていこうと思います。

    0

    Posted by ブクログ 2020年07月02日

     平野から日本が発展した社会学的な内容を期待していたら、地質地形から平野の成り立ちを解説する地理学の本だった。

     期待する内容とは全然違っていて申し訳ございませんでした。

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ソフィア文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング