オブジェクト指向UIデザイン──使いやすいソフトウェアの原理

オブジェクト指向UIデザイン──使いやすいソフトウェアの原理

作者名 :
通常価格 3,278円 (2,980円+税)
獲得ポイント

16pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

オブジェクト指向ユーザーインターフェース(OOUI)とは、オブジェクト(もの、名詞)を起点としてUIを設計すること。タスク(やること、動詞)を起点としたUIに比べて、画面数が減って作業効率が高まり、また開発効率や拡張性も向上する、いわば「銀の弾丸」的な効果を持つ。ブログや雑誌記事などで大きな反響を得たこの設計手法について、前半部では理論やプロセスを詳説。そして後半部の「ワークアウト(実践演習)」では18の課題に読者がチャレンジ。実際に考え、手を動かし、試行錯誤をすることにより、OOUIの設計手法を体得できる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 言語・プログラミング
出版社
技術評論社
ページ数
360ページ
電子版発売日
2020年06月05日
紙の本の発売
2020年06月
サイズ(目安)
23MB

オブジェクト指向UIデザイン──使いやすいソフトウェアの原理 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    デザイナーではなくても非常にわかりやすくオブジェクト指向UIデザインについて解説されていた。
    確かに特に業務アプリケーションのデザイン設計においてはタスクベースでのデザインが多く散見される。

    ユーザーの関心に焦点を当てるという意味では、ドメイン駆動設計とも相性が良く、開発とデザイナーとの連携もうま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています