よみがえる変態

よみがえる変態

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

とある人間が死の淵から帰ってきた。
――ただいま!!
エロも哲学も垣根なく綴った、突然の病からよみがえるまでの怒涛の3年間。

アルバム制作やライブ、ドラマ撮影に執筆。
やりたかったことは次々と仕事になったが、片時も休まる暇がない。
自分がなりたいと思う姿を追いかけるほどに消耗していく中、
突然の病に襲われた。

……まだ死ねない。

これから飛び上がるほど嬉しいことが起こるはずなんだ。
死の淵から蘇った3年間をエロも哲学も垣根なしに綴る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2020年05月29日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

よみがえる変態 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    すごい。自分だったら辛い時は誰にも見せずに1人で隠れてしまう。死んでしまうかもしれない自分のことさえネタ(というと語弊かもしれないけど)にして面白がるなんて、強い。強いと思う。辛さや痛みをユーモア(下ネタ)を交えながら中継できないよ。ヤバい本を読んでしまった。

    しかし文庫版あと書きの最後の一文から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月10日

    星野源さんの日常的な思いや、人生の波、周りの人との繋がりが書かれた、とても良いエッセイ集でした。
    内容は、2011年から2013年の間の出来事が書かれたもので、その時の色々な感情を素敵な言葉で表現していました。
    度々出る下ネタもおもしろく、星野さんの気さくな人柄が分かります笑
    続編である、「いのちの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月08日

    源ちゃんの文章のセンスがすごい。面白かった〜。
    クスッと笑える話から辛く暗い話まで源ちゃんの人間性や努力など多くのことが話からよく分かった。
    どの曲も大好きなので、その背景を知ることが出来て楽しかった。さらにファンになりました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    地獄を知った人間にしか得られないもの、書けないもの。最初は下ネタ多めの軽快な文章にゲラゲラ笑ってたが(なんでこの人は日常を書くだけでこんなに楽しいんだ)、後半の生きる、から一気に世界がガラリと変わったようだった。私も何が起きても、死ぬときに自分の人生最高!、と思いたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月03日

    女性向けファッション誌に連載されていたエッセイ集とのことですが、圧巻は全体の1/3以上を占める、くも膜下出血、そして脳動脈瘤破裂からの二度の復帰に関する闘病の部分です。
    見開き2ページにわたって書き連ねられた「痛い」の文字には、自分も痛みを感じたかのように顔を顰めてしまいました。
    (以前に読んだ「ひ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月20日

    星野源さん。本当に文化人であり、とてつもなく人間で、素晴らしい人です。他の媒体でもいつもそう感じますが、本を読むとさらに人間だなと強く感じ取れます。
    この人のように人生、楽しんでいけるといいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    まずこの内容が女性誌で連載されてたことに驚き。

    最初はあまりにも隠さなさすぎて若干引いたけど(笑)、最後の方で当時ホントに心配した倒れた時のお話が書かれていて、そんなに壮絶な闘いをされていたのかと驚いた。

    去年のPOP VIRUSツアーで生の源さんを見れて本当によかった。

    どこの奴が言ってんだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    何回も読み返してます

    weekend 2020年12月04日

    文庫本最後を読むと、この本を書いてた時の
    自分の若さに少し照れている?源さんがいて、
    それだけでも買って良かったと思いました。
    今でも何回も読み返しています。特に闘病して
    いる部分は、最初は読むのが辛くて泣きながら
    読んでたけど、今は「この時の源さんの頑張り
    が今の源さんを作ってくれたん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

    初っ端から下ネタで始まる感じが源さんらしいなぁと思った。けど、病気で倒れたときの描写はかなりリアルで一気に読んでしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月19日

    星野源さんの書く文章が好きだ。まるで源さんの頭のなかを覗き込んでるみたい。共感できるところも、そうでないところも、全く反感を抱かせないでするすると入ってくる。音楽も映像も笑いもエロも、好きがたくさんある源さんが、好きだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています