社内探偵(1)

社内探偵(1)

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
DPNブックス
掲載誌・レーベル
コミックなにとぞ
電子版発売日
2020年05月21日
サイズ(目安)
16MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

王道のスカッとするストーリーとは一線を画す、謎が謎を呼ぶ社内ミステリー作品!

社内の問題児・飯田。
若くて可愛い彼女は、その見た目と愛嬌を武器にして課長に取り入り、先輩に仕事を押し付けたり、当日欠勤を繰り返したりと自由気ままな社会人生活を送っていました。

そんな様子に嫌気がさしたのが、彼女の教育担当である松原。
「探偵」のごとく社員たちの情報を網羅している人事部の久我に相談し、飯田と課長のとんでもない秘密を暴いていくのです…。

と、ここまでは王道の嫌な奴が最終的に痛い目を見る、というスカッと展開の内容ですが、本作の本当のスタートはここからなのです。
飯田と課長以外に、社内で悪事を働いている奴がいる…?それも人事部で…?

果たして「社内探偵」の久我はその悪を突き止めることが出来るのでしょうか。

良い意味で予想を裏切られるミステリアスな展開と、謎の真相をぜひ皆さんの目でお確かめください!

    購入済み

    面白い

    bear 2020年05月31日

    広告で良く見かけて気になってました。
    無料なので読んでみたら、最新刊まで買ってしまった。

    社会人の方は是非読んでみて下さい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    広告から

    effy 2020年05月31日

    Twitter広告で気になって無料でしたので見に来ました。
    私以外みんなバカの作者の方だったので、読みやすく面白かったです。社内とか学校とかにはこういう女いるんですよねー。
    続き読もうかな!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    正義は勝つ!

    ななこ 2020年05月25日

    会社、あるあるな話。ほんと、男女問わず仕事出来なくても、上司に気に入られてると得するんですよね〜スッキリ成敗してもらいたいです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    思わず頷く

    Syn 2020年05月23日

    あるあるいるいる、こういうヤツ!のオンパレードでおもしろいです!
    これからそんな迷惑な連中に対して会社がどう対応していくのか、期待を持って読んじゃいます。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    会社あるある!

    匿名 2021年08月12日

    使えない子いるんだよな〜
    探偵がどのように紐解いて行くのか気になります!

    登場人物の名前が定着しなくて読むのが大変です!

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    このタイプ

    コナン 2021年08月12日

    飯田さんみたいなタイプの女性はたまにいますよね。真面目で女性慣れしてない男性社員が骨抜きになってました。

    1巻だけだとただいやなやつの飯田さんの変化にも気にしながら後半を読んでいただきたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    みお 2020年12月30日

    本当に続きが気になります。こんな企業で働いたことないですが、同じ部署にこんな子いたらストレスで大変だろうな。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    えー

    ひろし 2020年06月20日

    人事ってこんなことするの?でも面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    こうゆう人います!

    まき 2020年05月28日

    当日欠勤を繰り返す人(しかも長期間)います。
    何かと理由をつけ休みます。休むことが当たり前だと思っているよう。周りは非常に迷惑です。実際の企業もこの話のようにメスを入れてほしい!真面目に働いている人たくさんいます!そんな人が評価されてほしい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続きが気になります

    のん 2021年01月27日

    一巻完結ではありません。スカッと展開に期待です

    このレビューは参考になりましたか?

社内探偵 のシリーズ作品 1~26巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~26件目 / 26件
  • 社内探偵(1)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(2)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(3)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(4)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(5)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(6)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(7)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(8)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(9)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(10)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(11)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(12)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(13)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(14)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(15)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(16)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(17)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(18)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(19)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(20)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(21)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(22)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(23)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(24)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(25)
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
  • 社内探偵(26)
    続巻入荷
    220円(税込)
    松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

コミックなにとぞ の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング

社内探偵 に関連する特集・キャンペーン