遺恨(いこん)の譜(ふ) 決定版~勘定吟味役異聞(七)~

遺恨(いこん)の譜(ふ) 決定版~勘定吟味役異聞(七)~

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

将軍生母側近の絵島が処分され、将軍の傅役間部越前守に陰りが見えてきた折、大坂の米相場が暴落し、勤番侍や大名の台所が窮地に陥る。側衆格の新井白石から、背後を探るよう命じられた勘定吟味役水城聡四郎は、禁忌とされてきた大奥での調べに乗り出すが、幼き将軍家に刺客が放たれた。衝撃の結末とは――。聡四郎シリーズの「原点」決定版、震撼の第七弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2020年11月10日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
3MB

遺恨(いこん)の譜(ふ) 決定版~勘定吟味役異聞(七)~ のユーザーレビュー

レビューがありません。

勘定吟味役異聞 決定版 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 破斬 決定版~勘定吟味役異聞(一)~
    兄の急逝で家督を継いだ旗本・水城聡四郎は、将軍家宣側近の儒者・新井白石によって、勘定吟味役に取り立てられる。勘定に疎い聡四郎だったが、巨額の金が動いた普請に目をつけたことから、見えざる敵が蠢きだす。はたして幕府に巣食い、蜜を吸っていた者とは――。聡四郎が襲い来る刺客に一放流で立ち向かう! 聡四郎シリーズの「原点」が決定版として登場。
  • 熾火(おきび) 決定版~勘定吟味役異聞(二)~
    勘定奉行の荻原近江守を御役御免に追い込んだ勘定吟味役の水城聡四郎に、将軍側近の新井白石から新たな命が下る。標的は「御免色里」。吉原の運上金の闇を明らかにしろという。吉原から幕府へ送られる毎年一万両以上もの運上金は誰の懐に入っているのか? 禁断の領域に踏み込んだ聡四郎に、またも刺客が放たれた――。聡四郎シリーズの「原点」決定版、第二弾。
  • 秋霜(しゅうそう)の撃 決定版~勘定吟味役異聞(三)~
    将軍家宣が薨去。後ろ盾を失った新井白石は、家宣の嫡子鍋松を盾に権を握った間部越前守を追い落とさんと動き出す。そこで勘定吟味役水城聡四郎に、将軍の葬儀が増上寺に決まった「裏」を暴けと命が下る。三代将軍家光以来の寛永寺から一転、菩提寺に決まった裏事情とは――。そして聡四郎の前に、新たな刺客が。聡四郎シリーズの「原点」決定版、待望の第三弾。
  • 相剋(そうこく)の渦(うず) 決定版~勘定吟味役異聞(四)~
    勘定吟味役水城聡四郎のところに、豪商紀伊国屋文左衛門が新年の挨拶にやってきた。かつて想い人の紅を拐かした仇敵紀伊国屋だが、手を組まないかという。毒気に当てられた聡四郎だったが、江戸城内で長崎奉行を減らすという噂を掴む。調べ始めた聡四郎の耳に、徳川御三家紀州藩主吉宗を襲う情報が入ってきた――。聡四郎シリーズの「原点」決定版、衝撃の第四弾。
  • 地の業火(ごうか) 決定版~勘定吟味役異聞(五)~
    徳川御三家尾張家の当主吉通が急死した。側衆格の新井白石から呼び出された勘定吟味役水城聡四郎は、死の真相を探るよう命じられる。吉通の愛妾お連の方と兄の出自を調べに京へ行くこととなった聡四郎の前に豪商紀伊国屋文左衛門が現れる。紀伊国屋の思惑とはそして、吉通急死の真相とは――。聡四郎シリーズの「原点」決定版、壮大なるスケールの第五弾。
  • 暁光(ぎょうこう)の断 決定版~勘定吟味役異聞(六)~
    将軍生母月光院の側近絵島(えじま)が門限破りの廉(かど)で処分された。勘定吟味役水城聡四郎は側衆格の新井白石から、絵島事件の裏を探るよう命じられる。動き出した聡四郎の前に、またも豪商紀伊国屋文左衛門の影がちらつく。そして、紀伊国屋文左衛門の仕掛けた驚愕の罠を知った聡四郎がとった行動とは……。聡四郎シリーズの「原点」決定版、手に汗握るスケールの第六弾。
  • 遺恨(いこん)の譜(ふ) 決定版~勘定吟味役異聞(七)~
    将軍生母側近の絵島が処分され、将軍の傅役間部越前守に陰りが見えてきた折、大坂の米相場が暴落し、勤番侍や大名の台所が窮地に陥る。側衆格の新井白石から、背後を探るよう命じられた勘定吟味役水城聡四郎は、禁忌とされてきた大奥での調べに乗り出すが、幼き将軍家に刺客が放たれた。衝撃の結末とは――。聡四郎シリーズの「原点」決定版、震撼の第七弾。
  • 流転の果て 決定版~勘定吟味役異聞(八)~
    新井白石から「大奥を跪せよ」と命じられた勘定吟味役水城聡四郎だが、絵島事件の衝撃を受け、大奥の調べは引き延ばされた。そんな折、幼き将軍徳川家継が体調を崩し、水面下での権力闘争が幕を開け、将軍位を狙う輩が蠢き始めた。そして、江戸城に不審な刺客が現れる――。聡四郎は、頑是なき家継を守ることができるのか。聡四郎シリーズの「原点」決定版、熱き血潮たぎる感動の最終巻。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています