金貸し同心 金志郎

金貸し同心 金志郎

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

オモテの顔は北町奉行所の定町廻り同心。
実は、十日で一割の利息を取る御法度の金貸し。
そんな金志郎がカネと人情で事件を解決する異色の捕り物帖。
父が殉職して金志郎には、借金が残された。父親が高利貸しから借りた三十両だ。
取り立てにやって来た男は金志郎がかつて助けた男。
そこで金志郎はこの男と手を組んで香典を元手に金貸しとなって三十両を返そうと、闇の金貸しの元締めの元に乗り込む。
三十両は返せるのか?
父を殺した下手人は?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2020年04月10日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

金貸し同心 金志郎 のユーザーレビュー

レビューがありません。

金貸し同心 金志郎 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 金貸し同心 金志郎
    550円(税込)
    オモテの顔は北町奉行所の定町廻り同心。 実は、十日で一割の利息を取る御法度の金貸し。 そんな金志郎がカネと人情で事件を解決する異色の捕り物帖。 父が殉職して金志郎には、借金が残された。父親が高利貸しから借りた三十両だ。 取り立てにやって来た男は金志郎がかつて助けた男。 そこで金志郎はこの男と手を組んで香典を元手に金貸しとなって三十両を返そうと、闇の金貸しの元締めの元に乗り込む。 ...
  • 金貸し同心 金志郎 大名の火遊び
    北町奉行の同心・河村金志郎の裏の顔は金貸し。 岡っ引きの銀治、下っぴきの音松を使ってトイチで貸して取立てている。 同業の金貸し・吉五郎が殺され、他人事ではないと探索に乗り出したが、 さる大名が浮上し、奉行から圧力がかかる。 上司である与力の内諾を得て密かに調べを続け、その大名に直に問いただしたところまではよかったのだが――。 さらなる難問が金志郎に降りかかる。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています