夜の牙~八丁堀つむじ風(四) 決定版~

夜の牙~八丁堀つむじ風(四) 決定版~

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

幼い子供が、剃刀で首を斬られた。あまりのむごさに、南町奉行所定廻り同心・成沢東一郎は下手人を見つけたら、もはや斬り捨てるつもりだった。調べると、同じような殺され方をした子供が他にもいることが分かる。(「暗がりの鬼」) 罪のない子供が殺される。助けた娘が自分のために命を落とす。そんな事件に、不憫さが溢れ、成沢は悪に対する怒りが抑えられない!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2020年06月26日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

夜の牙~八丁堀つむじ風(四) 決定版~ のユーザーレビュー

レビューがありません。

八丁堀つむじ風 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 月の牙~八丁堀つむじ風 決定版~
    南町奉行所定廻り同心、成沢東一郎は岡っ引きの寅吉、密偵のお紋らと共に、日夜、江戸の治安を守っている。唯一の気がかりは病身の妻、信乃のことであった。ある日、薬研堀の料理屋で立て籠もりが起こる。成沢の同僚、当麻三郎助は手柄に焦がれ、その店に急ぐのだが――。人望と実力を兼ね備えた腕利き同心・成沢が活躍する「八丁堀つむじ風」シリーズ、開幕!
  • 風の牙~八丁堀つむじ風(二) 決定版~
    助六一味と不知火一味の盗賊二大勢力が拮抗する江戸。定廻り同心、成沢東一郎たちは、探索に心血を注いでいる。ある日、情報を得て潜入するも傷を負い、行き会わせた男に助けられ難を逃れた。その男は堅気には見えないが、邪気のなさを感じさせて――。(「大盗の恋」) 腕利き同心・成沢が悪を懲らしめ怨みを正し、人の心の誠に揺れる。人気シリーズ第二弾!
  • 火の牙~八丁堀つむじ風(三) 決定版~
    南町奉行所定廻り同心・成沢東一郎は、吟味方与力の高見沢右京に引き合わされた淀屋益次郎から、抜け荷用の船造りを頼まれたのではないかという相談を持ち込まれた。隠密の詮議を頼まれ調べ始めると、淀屋の倅の行状が思わしくないことも耳に入ってきた――。(「桜雨」) 上からの承服し難い圧力や、やるせない思いも抱えながら、同心・成沢、今日も江戸を守る!
  • 夜の牙~八丁堀つむじ風(四) 決定版~
    幼い子供が、剃刀で首を斬られた。あまりのむごさに、南町奉行所定廻り同心・成沢東一郎は下手人を見つけたら、もはや斬り捨てるつもりだった。調べると、同じような殺され方をした子供が他にもいることが分かる。(「暗がりの鬼」) 罪のない子供が殺される。助けた娘が自分のために命を落とす。そんな事件に、不憫さが溢れ、成沢は悪に対する怒りが抑えられない!
  • 鬼の牙~八丁堀つむじ風(五) 決定版~
    続巻入荷
    死んだ糸物問屋・丸屋孫大夫の、後添いの姿を見た時、成沢東一郎は目を見開いた。京の出だというその女の高貴な佇まいに何かを感じ、その身辺を調べ始める。すると、丸屋の前に、後添いで入った家でも主人を亡くしていたことが分かった。女の目論見とは――?(「魔性の泪」) 儚い願いに縋り、金に取り憑かれた哀れな女の最後を、定廻り同心・成沢は静かに見守る。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています