心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 沈黙の予言

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 沈黙の予言

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

予言が告げられた―。 旧友の依頼によって湖畔のペンションを訪れた八雲と晴香。 そこに現れた預言者を名乗る不思議な女性。彼女のもたらす呪われた予言の真相を、八雲たちは解き明かすことができるのか。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年03月24日
紙の本の発売
2020年03月
サイズ(目安)
2MB

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 沈黙の予言 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月22日

    予言に沿って人が魂が地獄に落ちると言われ、心霊現象との関係を調べに行った八雲が魂を救うことができたのかドキドキしながら読みました。
    「仕方ない」の一言で人生が狂っていった衝撃の事件。
    とても面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    単純な事件な様に最初は思えていたが少しずつ色んな謎が明らかになることで予想をいい意味で裏切られて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    晴香と八雲がまだまだ親しくなる前で後藤さんかまだ刑事の頃の話なので、八雲にデレの気配がないので寂しい。一冊を通して一つの謎解きをする長編番外編でした。この前最終巻読んだので、もう一度二人に会えて楽しかったです。内容はま、すごく面白くもないけど、それなりに楽しいレベルでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    今回は予言が絡んだクローズドサークルもの。
    言葉の難しさは常々感じているけれど、軽んじてはいけないものだとあらためて考えさせられた。

    私はこの八雲シリーズをミステリーものとして楽しむというよりは、主要メンバーたちのやり取りを一番楽しみにしている。
    中でもやはり八雲と晴香が気になるところだけれど、今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    長年にわたり神永学を愛読しています。
    いつもなら高評価するところですが、オールキャストでないところと、意外にもありがちなトリックに、これはこれという評価です。
    まあ、本編ではないので。
    待て!しかして期待せよ!、ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    読みかけで、家事の合間にふとストーリーを思い返してみる。あれ?ワインでてきたっけ?ん?と一瞬混乱。色々な設定が、近々で再読した死神の精度とごちゃ混ぜになってしまい、八雲読んだぁ!って満足感がいつもより薄かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月11日

    閉鎖空間、心霊現象、やって来た預言者、そして起きる事件。
    色々てんこ盛りで錘の置き所に困った。彷徨っていた小さな霊が行き先を見つけたのが救いになったかな。
    ほんの少しだけでも

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月01日

    今回はよく喋ると思ったら、舞台用でしたか…
    シチュエーションもこれ見よがしだし
    まぁ、パラレルワールドの八雲さんって事で
    少々八雲らしさが足りなくて残念でした。゚(゚´Д`゚)゚。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    【あらすじ】
    悔い改めなければ、三つの魂が地獄に落ちる―。心霊現象が相次ぐ湖畔のペンションに、不吉な予言が告げられた。かつての同級生から依頼を受け、調査に乗り出す八雲であったが、そこに現れたのは預言者本人だった。
    台風によって生じた閉鎖空間のなか、予言の通り犠牲者が
    出てしまう……。果たして、死の連...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月08日

    大好きな八雲シリーズ。今回は晴香ちゃんが痛い目に遭わなくってほっとした。後藤さんとのやりとりは見たかった。
    舞台化のために書いてたというのも納得というか、すごく場面の想像がしやすくて、楽しい。ワンシチュエーションでここまで描けるというのもすごいし、色々推理しながら読んでいたけど結局当たらないまま推理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング