「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと

「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと

作者名 :
通常価格 1,599円 (1,454円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2019年12月20に全国ロードショーの『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。
2016年の『この世界の片隅に』の公開前から各所で行われた、片渕須直監督と漫画家・こうの史代の4年に及ぶ数々の対談を記録する。
すずという女性、呉の記憶、家族のかたち、戦争、絵を描くこと…マンガとアニメ――。
漫画原稿、最新アニメビジュアル、設定資料、取材写真……、精緻に構築された作品世界を原作者と監督がめぐる旅。


――こうの
誰しも自分が主人公で、世界の真ん中にいて……みたいに感じがちなんですけど、ふっと心の底で誰かを思い出したりするときに、それは片隅な気がするんです。
――片渕
いろいろなことを考えたり思ったりして生きていますけれど、もしその人がいなくなったときに、その人の「想い」って残らないと思うんですよ。
すずさんにしても、後に残るものはほんの一部しかない。だけど、「本当はこの人の中にはこんなものがあるんだよ」というのを見てあげる……と、そういう物語な気がします。

〈本文より〉

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
464ページ
電子版発売日
2019年11月29日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月17日

    ううむ、オラはいったいどこを観ていたのか。回数観たってその意図するところをうまく汲み取れていない自分がここに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    色々な裏話やらきけて面白いです。

    名犬ラッシーの話で、あれロミオの青い空の後なら絶対自分世代なのに、全く覚えてないのはどーゆーこった、と見てみましたら、うん、これは子供にはヒットしなかったかな、となりましたが、今見るとまっすぐな子供たちに心が洗われる気分に。他の世界名作劇場もこんなだっけか。子供と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています