2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2030年の世界を見通すSDGs。これから2030年までに何が起こるのだろう。
未来を予測するためのデータには、様々なものがありますが、ひとついえるのは、これからの社会は今までとは全く違ったルールによって営まれるということ。
現在の世界はどうなっているのか、これから世界はどこに向かっていくのか。
SDGsの枠組みを借りながら、世界の問題点を掘り下げると同時に、今起こりつつある変化について語ります。


●テクノロジー×地政学でみる世界の勢力図

GAFAMによる世界支配を推進するアメリカ、一帯一路で経済圏を拡大しようとする中国、SDGsやパリ協定を通じてイニシアチブを発揮しようとするヨーロッパ、未開拓の市場で独自のイノベーションを生み出すサードウェーブ(インド・アフリカ)。多様化する世界を紐解けば、それぞれの地域に独自の戦略が根づいていることが見えてきます。ニュースをひとつとってみても、まったく違う視点で世界をとらえられるようになるはずです。


●一目で状況がわかる「地図」

全編を通じて「地図」を多用し、世界の状況が一目でわかるようにしています。
また、池上彰先生、大阪大学の安田洋祐先生の対談を交え、最先端の世界の真相に迫ります。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
352ページ
電子版発売日
2019年11月14日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
29MB

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    SDGsがいかに深くかつ建設的に考えられているかに触れられる一冊。CSRの今風な言い回しや口実材料と軽んじるなかれ。こういう指標設計もあるのかと言う視点でも勉強になりました、SDGs。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月22日

    世界を俯瞰的に見せてくれる本だった。
    数十秒、数分に凝縮されてしまうテレビ報道に流されないよう、リテラシーを高めたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    地政学とテクノロジーとデータを用いて世界の将来をマクロな観点で予測する一冊。落合氏の語る未来の話はいつだってポジティブで愛に溢れている。歴史や文化を尊重する一方で、先端テクノロジーを使って課題解決を目指していこうとするその姿勢が好きだ。以前の落合氏の著書は論文のような難解な表現が印象的だったが、ここ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月12日

    2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

    SDGSを深く理解できる本。
    てっきりSDGSは、環境に関してのお話で持続性のある未来を提唱するものだと思っていたのですが、ジェンダーのことであったり、政治のことであったり、世の中をよくする指標としていろいろな指標を作っており、世界的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月27日

    日本の進むべき道はどこか?
    EU、アメリカ、中国が戦略的に動いているなか、日本には明確な戦略はないのか?このままで生き残れるのか?
    と、いろいろ考えながら読みました。
    海外の人達が日本で感動するもの…そこに日本独自の道があるんじゃないかなと思いました。

    たくそんの地図やデータが理解を助けてくれまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    落合陽一版『FACTFULLNESS(ファクトフルネス)』と言われている本書。
    ファクトフルネスも読んだし、
    本書の主題であろうSDGsにも興味ないし…
    と思ってたけど、落合さん自身も、
    元々はSDGsには興味持てていなかったことを知り、
    その経緯から、1冊の本を書き上げるところまでいった
    事実に、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    よくあるSDGs17コを箇条書き的に説明している本ではなく、
    なぜこういう発想が生まれてきたのか?どこから生まれてきたのか?歴史を踏まえながら系統立てて解説されていて、概念を掴むにはめちゃくちゃわかりやすかった。

    アメリカ、中国、ヨーロッパ、その他の思惑が交錯する中、日本はどのようにSDGsを取り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月18日

    凄まじくスケールの大きな本でした!
    情報量やメッセージ性の高さには圧倒!
    自分としては間違いなく今年No.1の書籍です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    恥ずかしながらSDGsについて何も知らなかったので、勉強になりました。
    理念はいかにも正しいし正義みたいな感じだけど、いろいろと骨抜きになってるところや、ヨーロッパ諸国の思惑もあるんだなぁ‥と、いろんな視点から知って考えられるので良い本だと思う。
    2019.12.29

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    人類の今の生活を維持するには地球が1.7個必要...
    日本だけでも7.1倍の面積が必要...
    このエコロジカルフットプリントという概念は初めて勉強した。
    もう専門性だとか得意分野とかそういうものにこだわるすぎる時代じゃ無くなってきたのかもしれない。
    良い意味で中途半端な人間を目指そう。
    要は「考え方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています