最高の企業文化を育む「少数」の法則

最高の企業文化を育む「少数」の法則

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「文化」こそ成長の原動力!

企業文化を刷新するのは困難だが、今ある文化を改善し、組織の価値を高めていくことはできる。あなたの会社の重要な「少数の要素」(クリティカル・フュー)を見つけ出し、行動を始めよう!

世界の先進企業が実践している「カルチャー・イノベーション」のノウハウを凝縮!

もし、あなたが組織のリーダーで、ビジネスを新たな方向に動かすチャンスを探しているのなら、その努力の一部を組織文化の向上に注げば成功する確率が高い。逆に、文化を無視したり敵視したりすれば、目標は達成できないだろう。……組織や企業を変革するには、そこで働く人々の行動を変える必要がある。そして従業員の行動を変えるには、彼らの感情に訴えなければならない。私たちが文化への介入を重視するのは、そのためだ。(プロローグより)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
日経BP
ページ数
253ページ
電子版発売日
2019年11月14日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

最高の企業文化を育む「少数」の法則 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月22日

    組織の現状の中に、前進の助けとなる要素(クリティカル・フュー)を見出し、それを活用することで変革を起こす。そして、実践においては、①組織の形質(価値観?)を明らかにして行動に変換する、②少ない努力で大きなインパクトを出せる行動に絞る、③真の非公式リーダー(公式リーダーは変革の推進に責任を負うのは当然...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    ●感想
    企業文化は変えるのでなく、企業や組織内の各個人の中にある共通の「WHY」を見つけて、それに基づく行動に注力するのが大事と受け取った。
    「形質」というものが最後まで捉えられなかったため、自分のステージが上がった際に再読したい。

    ●なぜ読んだか
    ・企業文化の強みを生かす方法に興味があった
    ・企...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています