大人になったら、着たい服 ’19-’20秋冬

大人になったら、着たい服 ’19-’20秋冬

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版には愛読者はがきが付属していないため、読者プレゼントにご応募できません。

デザイナー、ショップオーナー、ギャラリー主宰、料理長…
さまざまなライフスタイルを持つ女性たちのリアルな着こなしをご紹介。
「こんな大人になりたい」と思えるおしゃれのヒントが満載です!

【目次】

冬こそ、デニム/「45R」デザイナー 井上保美さんが着る

おしゃれな大人は愛嬌上手
 1|小松ともこさん(「CDC」バイヤー)/おしゃれとは、まだ見ぬ自分に出会うこと
 2|牛窪妙子さん(「カウン」店主)/洗練と素朴な土くささ。おしゃれは、ミックス感がおもしろい
 3|居原愛子さん(カフェ勤務)/おしゃれの基本は好きなものを少しだけ
 4|太田雅子さん、太田ふみ子さん(「ギャラリーcomo」主宰)/姉妹で好みは違うけれど、ピピッと反応するアンテナは同じ
 5|森本由美さん(「デンキーナトゥーゴー」料理長)/一度見つけたものは、服も仕事もずっと変わらなくていい
 6|岡本実弓さん(元デザイナー)/63歳で田舎に移住。「自分を生きる」おしゃれに

大井幸衣さんのそれでもほしいもの
大人の“ちょっとキレイ”服
丸山寿子さんのおしゃれの定点観測

板倉直子さんに一田モデルのワンピースを作ってもらいました。/島根県のセレクトショップ「Daja」ディレクター
今年は冬中ジャケットで通します/林行雄さん、多佳子さん(「パーマネントエイジ」オーナー)
がんばらないおしゃれと生き方/Noriko.Iさん(「コグ ザビッグスモーク」デザイナー)

〈エッセイ 大人の階段〉揺らがない軸をつくることと、人の話を素直に聞くのは同じこと/一田憲子

スタッフのお買い物帖

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / ファッション・美容
出版社
主婦と生活社
掲載誌・レーベル
ナチュリラ別冊
ページ数
98ページ
電子版発売日
2019年10月11日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
72MB

大人になったら、着たい服 ’19-’20秋冬 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    流行ファッションは見るだけで、自分できるのはあまり興味がないけれど、40歳を過ぎたあたりから、今まで長く愛用していた服と急に相性が合わなくなり、今後のテイストを模索中。

    もともと1着を5〜10年近く着るので、もう一世代上でも素敵に着こなせる服を…と思って開いてみた本でしたが、今の私の好みとビンゴ!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ナチュリラ別冊 の最新刊

無料で読める 暮らし・健康・美容

暮らし・健康・美容 ランキング