バブル・バブル・バブル
  • ptバック

バブル・バブル・バブル

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

330pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

パルコ系クリエーターとして、バブルをど真ん中で経験したヒキタクニオが
自らの仕事と恋愛、青春の日々を回想するドキュメンタリーノベル。

1967年、故郷の福岡を出て東京へ。大学在学中にイラストレーターとしてデビューし、
やがて大規模なグラフィック展覧会「80 sグラフィックパワー展」の顔ぶれに20代で抜擢され、
パルコ系クリエイターの仲間入りを果たす。

それがきっかけで、汐留の国鉄跡地に造られることになった
大型ライブハウス&ディスコ「サイカー PSYCHER」の内外装を任され、
さらにゲームファンタジア渋谷の外壁や店内アートを担当する。

時はバブル全盛時代。数々の変人たちと出会いながら、
充実した仕事の毎日を送る一方で、同郷の恋人と別れてモデルと結婚。
絶頂の日々を過ごしつつも、確実に時代の変化を感じていた――。


解説 日比野克彦

バブル当時、著者が出会った人々
空間プロデューサー、コンセプチャー、デザイナー、
女性のアート系プロデューサー、新進気鋭の映画監督、
広告代理店の営業マン、超能力者、老舗ホストクラブの男、
ヤクザの3人組、銀座で豪遊するキング・オブ・バブル社長、
アニメ「ちびまる子ちゃん」を平成のサザエさんに仕立てた男……

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年09月03日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

バブル・バブル・バブル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月02日

    ヒキタ・クニオ『バブル・バブル・バブル』文春文庫。

    ヒキタクニオのクリエイター時代を描いた自伝的な小説。ヒキタクニオがイラストレーターやクリエイターから小説家に転身したとは知らなかった。

    1980年代のバブル時代の狂ったような日本の世相を背景に、ヒキタクニオがクリエイターとして成功しようともがく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    今思えば、F1もバブルを象徴していた。レースクイーンのハイレグなんて…なんとも恥ずかしい限りの流行だろう… その輪の内側には、面白い仕事、カッコイイ仕事、多額の資金、所謂、富と名声がぐるぐると回っている。 じんむ神武景気 ツーバイフォー2×4住宅 金がないやつは工夫するしかない。俺はアドレナリンを噴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日



    平成の御世が終わり、令和になった現在。
    戦後、好景気と呼ばれた時代はいくつかあったが、その中でも崩壊とついた好景気はバブル景気だけ。

    さて、そんな時代をイラストレーターの二次元から、立体造形の三次元、マルチメディアの四次元を経て、小説家としても活躍するヒキタクニオ氏のドキュメンタリーノベル。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ヒキタクニオ のこれもおすすめ