旅の勇者は宿屋の息子を逃がさない2【電子特別版】

BL小説 9位

  • 最新刊

旅の勇者は宿屋の息子を逃がさない2【電子特別版】

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

幼馴染のアレクが勇者として旅立って二カ月以上が経ち、ハシ村に冬の風物詩【断絶の五日間】が訪れようとしていた。そんな折、村に新たな旅人が居ついていた。人間離れした美貌の美丈夫、ウォノクだ。【断絶の五日間】は、何人たりとも外出できないためウォノクを宿屋に受け入れることにしたブラウ家。そこへ駆け込むかのように数人の旅人と予想外のモノが訪れ、ついに閉ざされた5日間が始まる。しかし、逃げ場のない宿屋の中で次々と殺人事件が起こり始め――。犯人は? その目的は? そんな難解な問いに宿屋の息子・ルースが挑む。そして魔の5日間が明け真相が明らかになったとき、ルースにピンチが! そこへ駆けつけるアレク。 だが鈍感主人公ルースの横には、新たなライバルがいて――!?

著者書き下ろしのショートストーリーを電子版だけに特別収録!

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2020年02月29日
紙の本の発売
2020年02月
サイズ(目安)
6MB

旅の勇者は宿屋の息子を逃がさない2【電子特別版】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    シリーズ2作目。続きものです。BLなんですが、前作以上にファンタジーとミステリ色が強く、しかもしっかり書かれているので、読み応えばっちりです。 BL目当ての人は物足りないかもしれませんが、私的には大満足でした。こういう物語の主軸ではないところにBLが存在しているの好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続編!

    ポテトチップスりんご味 2020年03月08日

    続き物の2巻です。前回より進展し、キャラクターも増え、益々面白くなっていました。次巻も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ギャグかと思いきや…

    らぶゅ 2020年04月11日

    2巻は宿屋で連続殺人が起こるというミステリーで、さらにゲーム設定ぽさやシリアスさが出て、ギャグが強いのかと思っていた印象がガラリと変わりました。

    私はシリアスが苦手なのでギャグを貫いてほしい…。もちろんギャグ要素を残しつつの2巻です。話の振り幅が大きくなった感じです。一般的には話が盛り上がり、続き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    推理小説とか興味ないので…

    にゃんまる 2020年07月02日

    BLに求めるのは、切ない・甘々なので、連続殺人が起きるとか、正直面倒くさくて飛ばし見しました。
    勇者がベタ惚れなのは良いですが、「好きとかそういうのが全く理解できない」系も行き過ぎると面倒なだけ。次回に期待です。

    このレビューは参考になりましたか?

旅の勇者は宿屋の息子を逃がさない のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 旅の勇者は宿屋の息子を逃がさない【電子特別版】
    幼馴染でハイスペック・ハイスキルの勇者×広大無辺の包容力を持つがゆえに「鈍感」な宿屋の息子。 『最初の村』っぽい村の『宿屋の息子』として異世界転生をしたルース。前世では外見が「熊男」で女性にモテず、童貞のまま三十一歳で世を去ることになってしまったが、今世では夢にまで見た「美青年」に! 田舎でスローライフを楽しみながら、前世では叶わなかった「女性との恋愛&結婚」を夢見るものの玉...
  • 旅の勇者は宿屋の息子を逃がさない2【電子特別版】
    幼馴染のアレクが勇者として旅立って二カ月以上が経ち、ハシ村に冬の風物詩【断絶の五日間】が訪れようとしていた。そんな折、村に新たな旅人が居ついていた。人間離れした美貌の美丈夫、ウォノクだ。【断絶の五日間】は、何人たりとも外出できないためウォノクを宿屋に受け入れることにしたブラウ家。そこへ駆け込むかのように数人の旅人と予想外のモノが訪れ、ついに閉ざされた5日間が始まる。しかし、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています