奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語

奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本書で紹介する奇書とは、数“奇”な運命をたどった“書”物です。

「かつて当たり前に読まれていたが、いま読むとトンデモない本」
「かつて悪書として虐げられたが、いま読めば偉大な名著」

1冊の本を「昔」と「今」の両面から見ると、時代の流れに伴う価値観の「変化」と「差分」が浮かび上がります。
過去の人々は、私たちと比べ、「どこまで偉大だったか」「どこまで愚かだったか」――。
これらから得られる「教訓」は、私たちに未来への示唆を与えてくれるでしょう。

【目次】
魔女に与える鉄槌
 ~10万人を焼き尽くした、魔女狩りについての大ベストセラー
台湾誌
 ~稀代のペテン師が妄想で書き上げた「嘘の国の歩き方」
ヴォイニッチ手稿
 ~万能薬のレシピか? へんな植物図鑑か? 未だ判らない謎の書
野球と其害毒
 ~明治の偉人たちが吠える「最近の若者けしからん論」
穏健なる提案
 ~妖精の国に突き付けられた、不穏な国家再建案
天体の回転について
 ~偉人たちの知のリレーが、地球を動かした
非現実の王国で
 ~大人になりたくない男の、ネバーエンディングストーリー
フラーレンによる52Kでの超伝導
 ~物理学界のカリスマがやらかした“神の手”
軟膏を拭うスポンジ / そのスポンジを絞り上げる
 ~奇妙な医療にまつわる、奇妙な論争
物の本質について
 ~世界で最初の快楽主義者は、この世の真理を語る
サンゴルスキーの「ルバイヤート」
 ~読めば酒に溺れたくなる、水難の書物
椿井文書
 ~いまも地域に根差す、江戸時代の偽歴史書
ビリティスの歌
 ~古代ギリシャ女流詩人が紡ぐ、赤裸々な愛の独白
月世界旅行
 ~1つの創作が科学へ導く、壮大なムーンショット

ジャンル
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    有名な奇書から全く知らなかった奇書まで、とても丁寧にまとめられており、滅茶苦茶面白かった。断片的には知っていたことが、この本のおかげで繋がった気がする。
    個人的には『非現実の王国で』の話が1番衝撃的だった。フィクションがネガティブな意味でもポジティブな意味でも現実に侵食する過程がとても好き。動画と合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    歴史の推移、価値観の変化の中で翻弄された、“奇書”を紐解く。
    01 魔女に与える鉄槌  02 台湾誌  03 ヴォイニッチ手稿
    04 野球と基害毒    05 穏健なる提案 
    番外編01 天体の回転について
    06 非現実の王国で  07 フラーレンによる52kでの超電導
    08 軟膏を拭うスポンジ そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月23日

    野球とその害毒、実は笑ってしまったが、新しいものが導入されると大人たちは皆似たような反応したのだろう。天体の回転について、では天動説の方が正確に惑星の位置を予測でき、地動説の方が不正確だったと言うことに驚く。当時の観測精度ではそこまでが限界だった。武器軟膏については笑ってしまうしかない。しかし武器軟...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月13日

    世の中には、「奇書」と呼ばれる本がある。
    人々を騙したり、とんでもない思想だったり、はたまた意味のわからない、精神的に参ってしまうような本であったり。
    本書で扱うのは、ある時においては、皆がそれを疑いもせず、名著とすら考えていたのに、時代が降るにつれ、次第に「奇書」になっていったという書物たちである...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月06日

    古い本かと思っていたら、ニコニコ動画の書籍化だったとは。
    取り上げられる「書」のジャンルは豊富で、実用書から地誌、小説、詩と、まんべんなく取り揃えられている。また、現在の視点から見る、いわゆる「トンデモ本」的扱いも控えめで、読みやすい。シリーズの続刊、もしくは著者の新刊が出るならば、追ってみたいと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月31日

    #奇書の世界史 買いました!
    今なら荒唐無稽と思われる古文書を、成立年代とその時代背景から解説し、またその因果にまつわるエピソード等も加えて、非常に読みやすく内容がまとめられています。
    非常に面白かったので、また第2、第3弾が出てくれることを楽しみにしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

    奇書を単なる奇妙な書物として捉えるのではなく、その裏にある歴史と常識の成立過程の歪みを捉えているのが好印象。当時受け入れられたものが、現代になって振り返ればあまりに奇妙な価値観となり得る。そして受け入れられた背景には未発達な学問や文化だけではなく当時の人々の願望や情熱が関係している。それは現代の常識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    著者の投稿動画「世界の奇書をゆっくり解説」の内容を書籍化した一冊。
    動画は見ていませんが、書名と表紙で手に取りました。
    幅広く調べられていて、脱線とも思える長い文章も内容が濃いので飽きずに読めます。
    書物が持つ影響力を改めて認識させられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月24日

    私はこの作者さんの動画の視聴者でもあります。動画で宣伝していらっしゃったのでこの本のことは前々から気に になっていました。
    先日本屋の目立つ場所に置いてあったので喜んで購入しました。

    書き下ろしの2つの章、非常に面白かったです。この方の動画シリーズのファンの方なら是非読んで頂きたい。

    しかし、若...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月10日

    ネットで話題になっていて興味を惹かれたが、動画の方は知らなかった。「奇書」とは所謂「トンデモ本」だが、中でも後世に残る歴史的な書物に限られる。紹介されてるフラーレンのように全く捏造だったり(とするとSTAP細胞の論文が載ったNatureは奇書になりうる)、あくまでも当時の常識で荒唐無稽だったもの、逆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています