范蠡 越王句践の名参謀

范蠡 越王句践の名参謀

作者名 :
通常価格 630円 (573円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「臥薪嘗胆」「呉越同舟」など、数多くの故事を生んだ中国春秋時代の呉と越の戦い。その戦いにおいて、卓抜した軍才と優れた政治手腕で越に勝利をもたらし、越王句践に覇をとなえさせた名将が范蠡である。しかしのちに王との確執から官を辞し、商人として巨財を築くもその富を周囲に分け与えるなど商人の鑑としても名を残した。いわば、軍師と豪商の二つの人生を成功させた稀有の才能をもった、中国の歴史上でも類稀な人物といえる。本書は、そんな范蠡の稀有にして波瀾に満ちた生涯を、雄渾な筆致で描き出した長編歴史小説である。日本でも、南北朝騒乱の時代、南北朝方の忠臣・児島高徳は、隠岐に配流された後醍醐天皇の館の庭の桜の木に「今の時代にも句践王を支えた范蠡のごとき忠臣がいます」と書して天皇を激励したという故事がある。中国のみならず、日本においても、その忠臣ぶりは著名だったのである。PHP文庫書き下ろし中国人物シリーズ。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2019年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

范蠡 越王句践の名参謀 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    軍師(参謀)と言えば三国志の諸葛孔明が有名だが、そのずっと前の時代の史記には名将范蠡(はんれい)がいる。
    史記に出てくる登場人物で一番好きです。
    軍師と豪商の二つの人生を駆け抜けた姿には魅了させられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月21日

    一進一退の呉越の戦いで光る主人公の活躍。彼の第二の人生での身のこなし方は普通の人には真似は出来ません。
    感想としては「おごれるもの久しからず」でしょうか。
    4569574351  412p 2000・8・15 1版1刷

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月23日

    前500年ごろ。越王句践に仕え,呉王闔閭,夫差との争いを制した参謀范蠡の話。范蠡は孫武の唯一の弟子とも言われ,呉の闔閭と争った際も,呉の伍子胥にも引けを取らない参謀であった。晩年には,王句践とは苦を共には出来るが楽を共には出来ないものと感じ職を辞し,陶朱と名乗り,他国に行って商売を始めた。利益は1割...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています