武田勝頼 宿命と闘い続けた若き勇将

武田勝頼 宿命と闘い続けた若き勇将

作者名 :
通常価格 630円 (573円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1573年、甲斐の虎・武田信玄が上洛の志半ばで死去した。このとき勝頼28歳。信玄の四男であった彼は、兄達の自害や病死によって正式な後継指名を受けないまま家督を継ぐこととなった。もともと母系諏訪家の名跡を継ぐ予定だった勝頼には、強力な後ろ盾がいない。そのため家臣団に抑えがきかず亀裂が生じようとしていた。さらに急激に勢力を増してきた織田・徳川連合が、武田家の領地を脅かそうと何かとちょっかいをだしてくる。勝頼を取り巻く事態は予断を許さない状況にあった。そんな中、勝頼は巻き返しを図るべく高天神城を包囲する。父信玄さえも攻略できなかった難攻不落の城。これを落とせば綻(ほころ)び始めた家臣団が再び結束するかもしれない。そんな思いを胸に戦場に向かった勝頼は、怒涛の如く攻め立て見事攻略するのだった。名将信玄の跡を継ぐという宿命ともいうべき重責を担った若き武将の光と影を描く人物小説。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年07月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

武田勝頼 宿命と闘い続けた若き勇将 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年01月15日

    名将・愚将?
    いったいどちらなんでしょうね。
    この本では名将だが外交・諜略・人事面がもう少しできていればと書かれています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    信玄公より勝頼様のが好きですが何か。
    三河の誰かさん(キライじゃないよ)や江戸期の評価が非常にアレで不当に評価の低い人だと思います。
    冒頭は期待できましたが終焉に近づくにつれ、事実を淡々と述べる、正にただそれだけの、というカンジになってちと残念。せっかくの冠小説なんだからもーちょい勝頼様マンセーでも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月25日

    勝頼の新解釈。
    ただ「川中島合戦」や「忍者の対決」の下りなど蛇足が多い気がする。
    「甲陽軍艦」を重要視しすぎ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています