声に出して読む 渋沢栄一「論語と算盤」

声に出して読む 渋沢栄一「論語と算盤」

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新一万円札の顔として話題の渋沢栄一の名著を、齋藤孝が読み解く!
『論語と算盤』の原文から音読向きの言葉を選び取り、それを現代に引き寄せて丁寧に解説。1項目4ページ、スーッと頭に入る。
「日本人の幸福の絶対量を増やしたい」
「渋沢だったら、と思えば、ズルはしない人生になる」
「公と私で言うと、必ず公を優先させる。これが志だ」
「相手を切り捨てず、仁愛の情で接する」
「自分の成功・失敗なんて糟(かす)のようなもの」
「論語精神があれば自分の心が強くなり、他人にもよくしてあげられる」
「論語は精神文化、算盤はビジネス。その両方を兼ね備えることが現実的な正しい生き方である」
──こんな渋沢精神を、子や孫に伝えられる本!
──生きるための判断基準を渋沢にすれば間違いない!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
悟空出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2019年08月30日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

声に出して読む 渋沢栄一「論語と算盤」 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年12月10日

    新しい一万円札の顔に「資本主義の父」と
    称される渋沢栄一氏が決まりました。

    あまりにも有名な著書「論語と算盤」には、
    渋沢氏の考えや人生観の全てが詰まってい
    ると言ってもいいです。

    決してお金を稼ぐだけでなく、論語を通し
    て思いやりの精神を持つべきだと、いわゆ
    るバランス感覚を身につけろと説いて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    就活の時に必要だから買って読みました。
    本当は「論語と算盤」を読まなきゃだったけど、深い解釈をしましたって気取りたくてこっちを読みました。

    「わかるわかる」ってところと「できてないなあこれ」って思うところがあって、賢い道徳の教科書みたいですぐに読めた。

    本編より、はじめにか、おわりにの齋藤先生の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月15日

    声に出して読むとはあるものの実際には読むところはかなり少ない。筆者の独特な解説はわかりやすいが本当に芯を食っているか怪しい。
    論語と算盤に取り組む前に初学者が一読しとくには悪くないと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング