集中講義デジタル戦略 テクノロジーバトルのフレームワーク

集中講義デジタル戦略 テクノロジーバトルのフレームワーク

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

5G、IoT、AI、MaaS、サブスクリプション、プラットフォームなどに関わるビジネスパーソン必読。
デジタル戦略の基本を体系的かつ包括的に学べる「理論的チェックリスト」。
産業トレンドの変化に対応するための戦略的意思決定に際して、
押さえておくべき重要なポイントについて、理論と事例を交えながら解説。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
日経BP
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年08月22日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

集中講義デジタル戦略 テクノロジーバトルのフレームワーク のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年04月30日

    デジタル産業の構造・フレームワーク(レイヤー構造、プラットフォーム、ネットワーク効果、規模効果)について分かりやすく整理されている。GAFAの成長戦略だけでなくスタートアップの成長戦略にも触れており、特に事後資源蓄積論として紹介されている「参入タイミング(早く参入)→ネットワーク効果を高めて事業拡大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月02日

    破壊的イノベーションやプラットフォーム戦略など、デジタル化する現代において重要な経営戦略がまとめられている教科書。バイブルとして読み返す価値あり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    ビジネス書は久しぶりに読みました。一応ざっと足りていないかもしれないところをインプットして頭の中の全体感を整理しておこうかと。
    そのような目的に対して良書でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    本書は、すでに定説化した経営理論をデジタルビジネスに当てはめて、解説していくことを基調としている。よって読みやすく、現場のビジネスパーソンの理解の手助けとしては大いに有効。
    そしてデジタルトランスフォメーション下のバトルにとして、デジタル化の三要因
    ・モジュール化(プラットフォーム化、レイヤー化)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月08日

    デジタル戦略のサマリー本。

    概要レベルでは十分。トピックが多すぎて深くまで理解できない。ふーんと思いながら眺めるのが吉

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

     「DX実行戦略」から連携されていた本で、タイトルだけだと相当ハードな印象を受けたが、いざ書籍を取ってみるとファンシーな絵もたっぷりでびっくりするぐらいわかりやすくDX学ぶには今のところ最も体系化されて整理されていて大変オススメな本!

    ファンシーな絵と記載したが、具体的には「グラレコ(グラフィック...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月28日

    デジタル戦略論というよりも、デジタルプラットフォーム戦略論、が本のタイトルとしては適切か。網羅的なカバー範囲は知識の整理と不足している領域の確認に役に立つ。

    企業自身のデジタルトランスフォーメーションではなく、市場、製品サービスの代替戦略、イノベーション理論の解説に軸足が置かれた本書。イノベーショ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月27日

    破壊的イノベーション論、ブルーオーシャン論などの先行理論の特徴と限界について記述した上で、筆者独自理論を加え論じている点が面白い。アカデミックながら実務も強く意識した良書である。会社も自分も、いつのまにか生存可能領域から外れて退場させられることがないようにしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月20日

    既存事業の現在地や改善、新事業を立ち上げるに伴う際には非常に参考となる本。

    帯にある通り、「理論的チェックリスト」
    事例もあり、項目ごとにわかりやすく纏まっており、
    やはり根来教授の本は読みやすい。
    日経BPなのもとっつきやすさをたすける。
    しかし、頭から通して読むのはカロリー高い。

    参考資料と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月06日

    デジタル化の戦略について、既存の各種理論との統合をはかりつつ独自の理論を展開されている。デジタル化とディスラプション論、イノベーション論、プラットフォーム論など個別で語られることも多い領域を統合しデジタル戦略の全体像としてまとめられており、全体としてのつながりや効果を考えるのに参考になる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています