働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

作者名 :
通常価格 2,574円 (2,340円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

<すべての人に効く、図と絵でわかる“働き方バイブル”登場!>
仕事、キャリア、成長、リーダーシップ、自己実現、会社、メンタル……
「働くこと」を考える上で大切な概念を完全図解。

⬛︎やる気も悩みも「仕事観」次第!?
仕事の悩みは、なぜ生まれるのでしょうか?
同じ仕事でも、人によって辛さの程度が違うのはなぜでしょうか?
同じ状況で、やる気が出る人と、なくす人に分かれるのはなぜでしょうか?

その答えは「観(=ものの見方・とらえ方)」にあります。

高いスキルがあるのに「観」が弱いために、壁にぶつかる人がたくさんいます。
刺激的な仕事をしているのに「観」が不健全なために、やる気をなくす人もいます。

反対に「健やかな仕事観」は「健やかな仕事意欲」を生み「健やかな仕事人生」につながります。
そうした「健やかな観」をつくるのが、本書の目的です。

⬛︎より良い仕事人生を送るための「360度の視点」が1冊に
古代・中世から現代にいたるまで、多くの先人(哲学者、経済&経営学者、心理学者、経営者など)が
遺した知恵がコンパクトにまとまった1冊です。
「仕事や生き方について、偉大な先人たちはどう考えたのか?」を網羅的に知ることができます。

1)本書で引用される先人たち
アダム・スミス、マックス・ヴェーバー、ドラッカーなどの経済・経営学者たち。
カント、ヒルティ、アラン、モンテーニュなどの哲学者たち。
ヴィクトール・フランクル、A.マズロー、A.エリスなどの心理学者たち。
渋沢栄一、松下幸之助、トーマス.J.ワトソンなどの経営者・実業家たち。
その他、詩人、作家、スポーツマンなど多数。

2)本書に登場するキーワード
<Career> 3人のレンガ積み、価値創造回路、内的キャリア、3層➕1軸、偶発性理論……。
<Growth> 自立・自律・自導、連続的成功、πの字思考プロセス、七放五落十二達の法則……。
<Ability> ポータブルスキル、T型人材、PM理論、状況対応リーダーシップ、セレンディピティ……。
<Motivation> 目標と目的、SMART、内発的動機、使命的動機のシャワー効果、自己実現……。
<Company> 会社と企業、社会的責任、風土と文化、P人材・U人材、企業内プロフェッショナル……。
<Mental Health> ストレス要因、レジリエンス、ABC理論、ワーク・ライフ・ブレンド……。

⬛︎すべての働く人に
「やる気が出ない」「将来が不安」「仕事が面白くない」
「会社と自分があっていない」「もっと意味のある仕事をしたい」
「転職を悩んでいる」「キャリアを見直したい」
……多くの人がぶつかるこんな悩みに、本書は力強いヒントを与えてくれるでしょう。
その他、以下のようなケースでも、ぜひ本書を活用してみてください。

●就職活動の準備に
「職業を選択する上で、さまざまな観点を持ちたい」
「面接で何を語れば良いかわからない」
「会社情報は集めたけれど、自分の想いがわからない」

●経営者・管理職の方に
「(部下・社員の)モチベーションアップのヒントを得たい」
「キャリア形成は、どう指導したらいいか」
「組織と個人がブレずに進むにはどうすればいいか」

●人事担当者・キャリアコンサルタントの方に
「人材育成の新たな切り口のヒントを得たい」
「職場のメンタルヘルス問題・疲労感に対処したい」
「働くことの相談のプロとして、基本概念をしっかり押さえたい」

「なぜ働くか?」「どう働くか?」
――働くあなたがより良い仕事人生をおくるために役立つ視点がきっと見つかります。

就活・転職、社内研修でも使える!
著者書き下ろしオリジナルワークシートのPDFをこちらからDLできます。
d21.co.jp/feature/tetsugaku/

ジャンル
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
ページ数
264ページ
電子版発売日
2019年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
95MB

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    図解があってとてもわかりやすい。
    学生向けの仕事についての指南書なんだろうけど、社会人生活の長い大人でも改めて気づかされること、目からウロコなこともありとても読み応えのある良書でした。
    これから目まぐるしくひとりひとりの働き方が変わっていく時代で、私たちの定年もどんどん延びていくだろうからこそ、時々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月16日

    図解していて、とても分かりやすい。

    難しい本というのは、簡単に説明しようという
    努力がなされていないものが多い。

    この本は、とても大切な内容を扱っている。
    だからこそ、それを分かりやすく伝えようという
    著者の意図が見事に具現化していて、
    尊敬する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    転職したいと思いながら途方に暮れていましたが、古本屋でこの本と出逢い、前向きになれた。

    人生のターニングポイント、見つめ直したいときに読みたい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    なぜ働くのか。働くこととは何か。そういった切り口から働くことへの様々なテーマが図で分かりやすく書いてあり読みやすかった。それぞれのテーマは平易だが自分の姿と重ね合わせながら読むと時間はかかるが勉強になり、自身を振り返るきっかけにもなった。仕事で行き詰まった時、また読み返したいと思える本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    メモ

    使命としての仕事とは?
    ライフワーク、道、希望、志、作品、功績

    価値創造としての仕事

    ニーチェ :この世に事実はない、あるのは解釈だ

    過去の人の成果、功績へ敬意と感謝を示す

    機会としての仕事と捉える
    収入、成長、感動、触発、学習、貢献、財成

    軸を持つ、人生の目標目的夢志理想、どう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月18日

    代官山蔦屋書店で偶然手に取った本。思わぬ良書に巡り合った。

    働くこと、生きること、人生について、抽象的な概念をうまくフレームワークで図解に落とし込んだ良書と言える。
    答えのないものに対して、この本はエッセンスを大枠として捉えることに成功している。

    今後働きながらモヤっとすることがあった時、本書を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月02日

    ●偶然書店で見かけ、その時は価格が高かったので一旦は購入を見送ったが、やはり気になって買ってしまった。結果的には大正解!イラストも豊富で、「働くこと」に関してのまさに図鑑だ。

    ●タイトルに「哲学」とあるように、まさしく「働くこと」についての、大学の教科書的な本。仕事や働くことについて、その意味や必...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月27日

    インターンとして働き始めてから半年。「働く」ことに対する考えをさらに深めたいと思っていたこの時期に出会えてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月20日

    小手先だけの自己啓発本ではなく、働くことを意識の根底から考えさせる良書。特に、「「長い時間×忍耐×創造性」によってのみ成しえる仕事がある」という件は非常に共感でき、今後意識してゆきたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月18日

    こんな本があったとは!!
    キャリコンで学んだこととか
    ギュギュッと凝縮されて
    しかも、もっとわかりやすく
    現代向けに書いてある。
    社会人のバイブルになる一冊だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています