老いへの不安 歳を取りそこねる人たち

老いへの不安 歳を取りそこねる人たち

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

老いについて語ることは、幸福について考えることに重なる――。認知症への恐れ、歳を取りそこねるために生じる恥や勘違い、若さへの見苦しい執着。一方、歳を経たがゆえの味わいとは。精神科医が、臨床現場や文学作品のなかに、身につまされる事例や望ましい「年寄り」の姿を探る。哀しくもおかしな老いの見本帳。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年07月31日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

老いへの不安 歳を取りそこねる人たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    このての本は耳障りの良い文章が並べられたものが多いけど、この本は違った。「こんな風に書いていいの?」と思うくらいはっきりと書かれている(作家さんに対する悪口多し)。その分深く頷ける箇所もたくさん。男性は定年間際、女性はもう少し早い時期に「老い」を感じて精神的に落ち込むとあってなるほどと思った。女性は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています