古典落語

古典落語

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,463円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「さんまは目黒にかぎる」、「いまなんどきだい?」、「寿限無寿限無……」――。人情の機微、人生の種々相を笑いの中にとらえ、庶民の姿を描き出す言葉の文化遺産・古典落語。本書は明治~昭和の速記本をもとに、先人の名人芸によって磨き上げられ、伝えられてきた至高の話芸を、完全に再現する。「目黒のさんま」、「時そば」、「寿限無」など、厳選された21編を収録。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
ページ数
440ページ
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2002年12月
サイズ(目安)
1MB

古典落語 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年04月12日

    風呂で毎日、一作ずつ、笑いながら読んでいる。隣近所に笑い声が聞こえて不審がられているかも。
    ともあれ、「そこつ長屋」のなんとシュールなこと。
    稲垣足穂の「一千一夜物語」は、案外、ここから来ているのかも。そして日本のSFもまた、古典落語の系譜につらなっているような気がする。というのも今同時に小松左京を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月14日

    いわゆる古典落語のネタを、文章として載せている。やはり、語り継がれるネタは洗練されており、読んでいるだけで笑いが込み上げてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月26日

    興津先生の最後の教え子です。落語も遊びもお酒も…本当にいろんなことを教えて頂きました。心よりご冥福をお祈りします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月08日

    落語を知らない人もきっと楽しめる!
    やっぱり一話一話が短いので、気疲れせずに読み進められます。
    解説もついていて◎

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月21日

    明治・大正・昭和の速記本をもとに、選りすぐりの有名かつ代表的な古典落語が21話収録。

    現在でも、寄席でよく喋られる演目ばかり。
    世代を問わず、読んでおいて、手元に置いておいて損はない1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    読んではにやけ読んではにやけ。
    青菜とか目黒のさんまとか、食べ物がかかわる話が好き。
    では弁慶にしよう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    実家にあったのでむかーしから何度も読んでいる。
    おもしろくて楽しい。
    何度も笑いました。
    いまでも大切な本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月30日

    古典落語の名作とはいえ知らない噺もあるので、改めて文章で味わうのも良い。
    だけどやっぱり表情、仕草、口調などがあってこその落語なので、あくまで予習復習のための一冊ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    姉に借りた本!金明竹がないのが実に惜しい…暗記してしゃべれるようになりたい★
    やっぱり読むのも良いですが、聞きたいです。まくらもちゃんとあるやつがいいなあ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    落語は聴くもの、落語の面白さは噺家さんの技量にある、と知りもしないくせに思い込んでました。読んでも面白いです。話としても笑えるし、これをどう話すんだろう、と想像してみてもいい。たまに聞き手の知識不足のせいでオチがわからず首を傾げてしまうこともあるけれど、注釈がついてて分かりやすいです。上方落語はそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています