全国民が読んだら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】

全国民が読んだら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

経済学者・官僚がこっそり読んだ『奇跡の経済教室』待望の第2弾。政治家に読ませたい本No.1!世界で起きている変化、日本がとるべき戦略が面白いほど見えてくる!全米騒然・日本上陸のMMT(現代貨幣理論)がよく分かる特別付録つき

ジャンル
出版社
ベストセラーズ
ページ数
360ページ
電子版発売日
2019年07月10日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

全国民が読んだら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月13日

    著者の提唱する経済政策を実行できる政治家は誰なのか、
    山本太郎か、どうなんだと考えさせられた。
    まさに全国民が読むべき本だと思う。
    反論する意見もあるだろうし、私自身本当にこの著者の考えが正しいのか分からない。が読む限りにおいては十分納得できるものであった。
    反論者との対談集とか読んでみたい。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    前著の基礎知識編では、間違ったデフレ政策を指摘し進むべき道筋を提示しました。戦略編の本書では、その背景となった新自由主義の本質を解説し、従来の保守、リベラルの変質の経緯を解き明かします。グローバル化がデフレや格差拡大の最も大きな要素であり、それに業を煮やした人々が、トランプ大統領誕生やブレグジットそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    読んで良かった!
    もっと早くこういう本が出て欲しかったけど…

    「令和の政策ピボット」大賛成!
    新自由主義の所為で滅茶苦茶にされた国民国家の再建が急務!
    反グローバル化にピボットせよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    ・「アメ型」成長戦略・・・賃金の上昇によって経済成長を実現しようと言う「賃金主導型」成長戦略。賃金の上昇を労働者に対するアメにして、国民経済全体を成長させようとするもの。人手不足に加えて、労働組合の交渉力が強いことも賃上げをもたらす。政府による労働者保護の規制が強いことも賃上げの要因になる。経営者と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月04日

    一気!という表現がふさわしい。戦略編も鮮やかでした。世界、混迷してるやん? トランプは何がしたいの? とかがですね! 「わかるような気がする」、というか、中島先生は説明できるわけ。右派と左派の二軸対立ではない、四項になっているのか、ああ!ってね。リベラルが階級闘争から逃避してアイデンティティにシフト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    有権者の必読書
    日本の現状を理解する上での教科書にしても良いのではないかと感じてしまった

    本書は、「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】」の続編となるため、内容を理解するには【基礎知識編】を読んでから本書を読むことを強くお勧めする

    全体を通して読みやすい文書かつ文字数もそれほど多くな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月04日

    「全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室」中野剛志

    2つの経済政策
    思想決定説、、発想の元になっている思想があり、その思想が政策を決めている
    政治決定説、、背後に政策を動かしている勢力がおり、その勢力が自分たちの為に政策を決めている

    実はグローバリゼーションによって起こることは、経済成長の鈍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    政策が間違ってるから財政赤字が改善しないとせず、国民の努力が不足してるからとか国民の品格が落ちたからと精神論にすり替えて論じてる感じが戦時中みたいだなと感じた。著者の理論が正しいとしても、私達国民に出来ることってあるのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月24日

    自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない
    個人向け国債は未来への贈り物
    デフレ化の増税や財政健全化は毒薬である
    ポピュリズムの本来の意味は民主主義
    ぜんぶ当たり前のことなのにな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月09日

    現在の経済対策に一石を投じる本。
    見方を変えるとなぜデフレが終わらないのかがわかってくる。
    特に後半3章くらいが面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています