トロイメライ

トロイメライ

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

やさしくて、せつなくて、うつくしい。小説とイラストのすてきな出会いを、あなたに。
書き下ろし作品を含む短編集。

大人気作家・村山早紀の書き下ろし作品を含む3つの短編に、数多くの装幀で知られるイラストレーター・げみの世界観に寄り添うやさしいイラストが彩る、華麗な1冊。『春の旅人』に続くコラボレーション第2弾。
オールカラー・全イラスト描き下ろし。

【収録作品】
あなたの心に寄り添う、3つの物語----。
「トロイメライ」:近未来、ロボットがぐっと身近になった世界。愛美ちゃんはお父さんと、ロボットのお兄ちゃんと暮らしていたのだけれど......。
「桜の木の下で」:大晦日、久しぶりにゆりちゃんが帰ってきた。同じ年にうまれた猫と女の子の物語。
「秋の祭り」:山奥に捨てられてしまった古いお雛様とお内裏様、三人官女。そんなお人形たちに、ある夜魂が宿ります。

ジャンル
出版社
リットーミュージック
掲載誌・レーベル
立東舎
ページ数
96ページ
電子版発売日
2019年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
24MB

トロイメライ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月04日

    村山早紀せんせいの文章にげみさんの絵。
    これ以上ないという組み合わせ♪
    表紙の青年って、あの人だよね。
    読み終えて見返してなんだか切ない。
    でも、切ないだけでない美しさがたまらない。
    表題作、未来の、やりきれない世界だけど、あのラストに
    大きな希望を感じる。
    でも、個人的にはお雛様のお話が1番かな。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    大人向けの絵本かな。
    村山さんの3つの短編とげみさんの絵で構成されています。
    大きすぎず、小さすぎずちょうど良い大きさの本だと思いました。
    SF色の強い表題作とファンタジー2作と思いました。
    表題作は哀しいトーンでしたが、ラストで救われました。
    ファンタジー作品は心温まる作品でした。
    立東舎さんでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    すべてがそうではないけれど…
    一番はじめの話『トロイメライ』が、優しくて悲しくて切なくて…とても印象に残りました。
    20X0年。春が夏のようになり、ロボットが戦争に行く時代。そうしてしまったのは現代人である私たちのせいなのか…。
    考えさせれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    美しいげみさんのイラスト
    とっておきたいような宝物のような本かと思えば
    繰り返し読むには寂しすぎるお話で残念

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    ロボット、猫、人形。
    人ではないが人と寄り添うことのできる、そんなものたちと人との、優しくも切ない三篇のものがたり。
    げみさんの素敵なイラストが、物語をより印象深くする美しいコラボレーション。

    げみ氏のイラストの素晴らしさ、村山早紀の物語の素晴らしさの融合(第二弾)
    だけれども、近未来を描く村山さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月18日

    イラスト付きの3短編。同じ作者の組み合わせで『春の旅人』という本も出ていた。

    亡くなった人の代わりに家庭に来ていたロボットが、戦争で戦場に送られる。過去を変えようと「家族」を失った子供たちが過去を変えようとタイムマシンに乗る。

    15才になった猫が、一緒に育った同い年の少女の未来に思いをはせる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    #日本SF読者クラブ あえてSFに分類する。三つの物語からなる短編集。表題作が3分の2を占める。地球温暖化で、人口が激減した近未来。労働力、家族やペットはロボットによって補われている。そんな中、「砂漠の国」で戦争が起こり、ロボットが兵士として徴用される。そして、子供たちは未来を変えるために… 大人が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年07月21日

    ロボットに猫に人形に。人間以外にも心理はあって物語がある。そんな優しい視点が大好きです。未来のこどもたちが笑える世界をつくれるのは今の大人たちの一つ一つの想いの積み重ねなんだと強く感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています